鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕

鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕

福井県鷹巣~三国エリアの秋のジギングは、10月末ごろから釣果が上昇し始めた。今回は11月4日、福井県鷹巣漁港出船の鷹王丸での青物ジギングの様子をレポートしたい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

鷹王丸で青物ジギング

福井県鷹巣~三国エリアの秋のジギングは、ワラサやハマチ、小型のヒラマサの数釣りが楽しめるのが恒例。しかし、今期は例年と異なり、10月下旬まで不調が続いた。ところが、10月末ごろから釣果が上昇し、ワラサの他、1m、10kgクラスのブリが上がり始めた。

現地を訪れたのは11月4日、実釣は午前8時ごろスタート。船は鷹巣沖の水深110~120mにある大型青物のポイントを攻めた。秋から冬にかけ、ブリや大型マダイが入る場所とのことだ。

スタート直後からロッドが曲がり、まずは石見さん、山野さんに70cmクラスのワラサがきた。

鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕丸々としたワラサをゲットした山野さん(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

待望のブリ登場

さらに、この後も70cm級の大ダイやハマチが顔を見せたところで、山野さんにビッグヒット。惜しくもバラシに終わったが、近くの僚船では90cm台のブリが上がっていたため、おそらくこのサイズの魚だろう。

その後も、同ポイントで大物狙いの勝負は続き、ワラサが何匹かヒットした後、待望のブリが登場。

鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕石見さんもワラサをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ロングジグで大ダイ連発

中盤からは大型のマダイが船全体でポツポツ上がり、若杉さんはロングジグで大ダイを3連打。うち1匹はジャスト90cmの怪物で、落ちの大ダイ開幕を予感させた。

その後もブリやワラサのヒットを得て、船は沖上りを迎えた。

鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕現地で魔王と呼ばれる90cmアップ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

パターン合えば目を見張る釣果

当日は、午後から潮の動きが悪く、魚探の反応のわりにチャンスを得られず沖上がりとなった。

しかし、2日後の釣行では良いサイズのブリの他、80cmオーバーのマダイも2匹上がり、パターンさえ合えば、目を見張る釣果が飛び出すことが確認された。

鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕取材の翌々日にも見事なブリが上がった(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページでは鷹巣~三国沖の青物攻略法を紹介!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。