オフショアジギングでワラサ&サワラを好捕 短い時合いにヒット集中

オフショアジギングでワラサ&サワラを好捕 短い時合いにヒット集中

青物狙いで三重県鳥羽市本浦の遊漁船に出かけた。短い時合いをうまく捉え、ワラサにサワラ、お土産にタチウオと満足の釣行となったので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

サワラも上がって満足の結果

11時半すぎには再び潮が動きだすため、青物のポイントに移動。船長からセミロングとの指示を受けたため、再びスピニングタックルに持ち替え、ジグをフォールさせる。

ワンピッチとロングフォールを組み合わせで誘うと、フォール中にガツンとアタリ。最初はよく引いたが、その後すいすい上がってくる。ゴリ巻きで巻き上げてくると、うれしいサワラだ。

オフショアジギングでワラサ&サワラを好捕 短い時合いにヒット集中うれしいサワラも(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

その後も青物を狙うが、結局納竿の時間となり釣行は終了となった。10月後半の鳥羽の釣果が良くなかったため心配だったが、短い時合いをうまく捉えワラサにサワラと満足の釣行だった。今後は徐々に気温も低下し、いよいよ青物シーズン到来。ますます楽しめそうだ。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
出船場所:本浦港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。