オフショアジギングでワラサ&サワラを好捕 短い時合いにヒット集中

オフショアジギングでワラサ&サワラを好捕 短い時合いにヒット集中

青物狙いで三重県鳥羽市本浦の遊漁船に出かけた。短い時合いをうまく捉え、ワラサにサワラ、お土産にタチウオと満足の釣行となったので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

三重でオフショアジギング

10月は荒天により2回休船となかなか天気に恵まれなかったので、思い切って11月1日に有休を取得し、青物狙いで三重県鳥羽市本浦の遊漁船に出かけた。

日の出もだいぶ遅くなり午前6時すぎに出船。船長の情報では前日はセミロング、赤金のジグでよくヒットしたということで、スピニングタックルはセミロング165g、ベイトはTGベイト150gの赤金をセットした。

最初は沖のカケアガリで青物狙い。まずスピニングタックルでスタートした。軽くキャストし、ジグをフォールさせる。着底後2~3回巻き上げワンピッチで誘うが、潮はあまり効いてなさそうだ。

早々にワラサをキャッチ

私が状況確認をしている最中に、同船者は早々にヒット。なんと1匹目からブリが上がり、期待が高まる。2流し目は同船者数人が同時にヒットし、魚の活性も上々のようだ。ヒットジグは赤金ばかりということで、私もベイトタックルに持ち替え、小刻みなワンピッチで誘いを入れる。

オフショアジギングでワラサ&サワラを好捕 短い時合いにヒット集中狙い通りワラサゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

するとフォール中にガツンというアタリ。引きから青物と確信し、丁寧に巻き上げてくると狙いのワラサだ。

タチウオ連続ヒット

その後、潮止まりまで青物を狙うが、徐々に魚の活性は低下したため、タチウオ狙いに移動。ジグは165gのパープルカラーで、まずはただ巻きとストップのアクションで誘う。

なかなかアタリが出なかったが、60m前後でアタリが出始めるとそのタナを重点的に攻める。するとようやくフォール中にヒット。魚が引くときはゆっくり巻いて、軽くなると速巻きでバレないように巻き上げると、この日1匹目のタチウオだ。

その後同じアクションで誘うが、なかなか釣果が伸びないためアクションをワンピッチに変更。すると早々にヒット。連続ヒットもあり、この日はワンピッチの方がパターンのようだ。結局タチウオは16匹とまずまず楽しめた。

次のページでうれしいサワラヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。