ライトゲームでチヌにセイゴにカマス メッキ不発は高水温の影響?

ライトゲームでチヌにセイゴにカマス メッキ不発は高水温の影響?

毎年この時期に、自身のライフワークとしているメッキゲームに出掛けた。夕暮れ迫る中迷った末、安定した釣果の近場を捨てサイズ狙いの西伊豆方面へ向かった。本命不在も、ゲスト魚に癒された。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山口悟)

山口悟

地元伊豆半島(主に西岸)を中心にショアからオフショア、ライトからビッグゲームまで精力的?に釣行中。

×閉じる

ソルトルアー ショア

セイゴの群れに遭遇

やがて、時おり体を押されヒヤッとするレベルの強風に。仕方なく、河川内に移動。同行した子供が、セイゴの群れに遭遇。何匹か釣っていた。

河口の捜査網を突破したメッキが居ないか、リップを削って板鉛でウェイト調整したミノー改ジャークベイト?にかえて、早めのトゥイッチでチェック。水面直下を、チェイスの確認をしながらチェック。ベイトも確認できず、ノー感じ。

メッキを諦め、同じルアーでメリハリをつけた緩めのトゥイッチ。トゥイッチで誘い、ステイで食わせるタメの間を作るとヒット。20cmほどのセイゴ。かなり緩めたドラグにより、このサイズでも弾かず上手くフッキングできた。

ライトゲームでチヌにセイゴにカマス メッキ不発は高水温の影響?セイゴもキャッチ(提供:TSURINEWSライター山口悟)

カマスキャッチで納竿

同じラインを通すと、ルアーの下をギラギラとヒラを打つ魚影が。さらに上流に釣り上がり、同パターンで5匹ほどキャッチしたころ、完全に日没となった。子供も満足気だったので納竿にと思ったが、行き掛けの駄賃だと、すぐそばの小河川内も数投だけすることにして、ルアーをリグッたままのロッドを車に押し込み、ちょい移動。

外灯の明かりの落ちた橋の明暗部をトゥイッチ&ステイで攻めると、先ほどと同サイズのセイゴ。対岸で子供が違う魚を掛けたので見に行くと、25cmほどのカマス。自分も同サイズのカマスを追加して、本当の納竿とした。

ライトゲームでチヌにセイゴにカマス メッキ不発は高水温の影響?カマスを追加(提供:TSURINEWSライター山口悟)

最終釣果と今後の展望

最終的にチヌ3匹、セイゴ5匹、カマス1匹と狙いのメッキは残念な結果だったが、ゲストに癒された釣行となった。走りの時期は好調だっただけに、中弛み的期間か?単に回遊のタイミングにアジャストできてないだけか?小さなビッグゲーム釣行が、まだ暫く続きそうだ。

<山口悟/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。