メタルジグのメッキゲームで23cm頭に本命7尾 好ゲストに25cm級アジ

メタルジグのメッキゲームで23cm頭に本命7尾 好ゲストに25cm級アジ

大分県佐伯市・番匠川河口へメッキ釣りに行った。最近2回釣行したが、メッキが1尾ずつと厳しい釣果だった。しかし、あのトルクの効いた引きを味わいたくて挑戦を続けている。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

番匠川でメッキゲーム

番匠川河口へは午前6時前に到着し、6時から釣りを開始する。当日は満潮が午前6時10分ごろ、干潮が午後0時20分ごろだ。

ほぼ満潮に近い状態のため、やや上流から攻めることにした。メッキは汽水域を好むからだ。

メタルジグのメッキゲームで23cm頭に本命7尾 好ゲストに25cm級アジタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

数日前から極端に気温が下がったためか、数投目にメッキのチェイスが見られたものの、なかなかヒットに持ち込めない。魚種は不明だが、チャポッ、チャポッと水面に出てくる魚もあり、雰囲気は良いが時間だけがすぎていく。

25cm級アジ連続ヒット

ルアーのカラーや形状を替え続けたのが良かったようで、ケイムラカタクチにカラーをチェンジして、すぐにヒット!残念ながらメッキの引きではなく、重たくほとんど走らない引きだった。

メタルジグのメッキゲームで23cm頭に本命7尾 好ゲストに25cm級アジ良型アジヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

マゴチに似ていると感じたが、上がってきたのは25cm級のアジだった。過去に15cm級は釣ったことがあるがサイズにビックリした。さらにビックリしたのは連続ヒットしたことだ。群れに当たったのだろう。

23cm級頭にメッキ連釣

その後、太陽が山から出たころにヒット。ジジジーッと勢いよくドラグを鳴らし、トルクのある引きでメッキと確信できた。かなりの引きであったため、ファイトを楽しんだ。岸に近づくころには10尾ほどのメッキがついてきていた。釣り上げたのは待望の23cm級メッキであった。カラーはライブイワシ(ケイムラ)。

メッキを釣り上げる時に群れがついてきた場合、連続ヒットすることが多く、予想通り連続ヒットできた。久々に単発地獄から脱出でき、爽快な時間をすごすことができた。

メタルジグのメッキゲームで23cm頭に本命7尾 好ゲストに25cm級アジ番匠川河口の様子(提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

その後、水位が低くなったこととアタリが遠のいたこともあり、下流へ移動したが、何も釣れなかった。予定通り9時30分に納竿とした。

釣果はメッキ7尾(20~23cm)、アジ3尾(24~26cm)だった。久々にまともな釣果があり、楽しい釣行であった。

<週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
番匠川
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年11月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。