ゲスト魚レシピ:「イトフエフキ」のステーキ フレンチ風に様がわり?

ゲスト魚レシピ:「イトフエフキ」のステーキ フレンチ風に様がわり?

磯釣りの他魚として知られるイトフエフキ。ハマフエフキの仲間で、大半の人がエサ取り扱いする。しかし、鮮度がいいものは、刺し身などでおいしいと評判だ。今回は「イトフエフキのステーキ」レシピを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。〝鼻が利く〟ことで親しまれ、「釣食」がモットー。

×閉じる

その他 レシピ

イトフエフキの生態

イトフエフキは外海に多く、フカセで狙うメジナ釣りの時によく見かける。型は15~25cmあり、オキアミはもちろん、キビナゴなど何でも食べる雑食性。潮の動きが鈍い岩礁を好み、メジナの食い気がない時間帯に活発にエサを求める。

中層から底付近にいることが多く、群れで泳いでいる場合は、かわすことが難しい。南九州では「ロギ」と言い、型がいいものは喜んで持ち帰る人も少なくない。刺し身にして食べると、「コリコリ」しておいしいそうだ。

釣り場での下処理

ハリ掛かりしたイトフエフキは、ナイフなどを使って絞める。その後、水汲みバッカンで軽く洗ってクーラーに入れる。どの魚にも言えるが、しっかり冷やしておことが鮮度を保つコツ。魚を入れたクーラーには海水を少し入れ、〝潮氷〟にしておくと間違いない。

自宅での下処理

持ち帰ったイトフエフキはウロコをはがす。この時、水を入れたボウルの中ですると、ウロコが飛び散らないことも覚えておこう。

ゲスト魚レシピ:「イトフエフキ」のステーキ フレンチ風に様がわり?ウロコを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次に頭を切り落とし、わたを取って魚の内側(腹)をしっかり水で洗う。

ゲスト魚レシピ:「イトフエフキ」のステーキ フレンチ風に様がわり?頭を落としてわたを抜く(提供:TSURINEWSライター松田正記)

背ビレと腹ビレを取る

次に背ビレと腹ビレを取る。工程としてはまず、3枚におろす要領で、背側から包丁の先端を5mmほど入れていく(魚の両面ともに包丁を入れる)。

ゲスト魚レシピ:「イトフエフキ」のステーキ フレンチ風に様がわり?切込みを入れる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

そして尾っぽのほうを包丁の後ろの刃で押さえ、魚(胴)を持って「ビリビリッ」とはがす。腹ビレも同じ要領で。

ゲスト魚レシピ:「イトフエフキ」のステーキ フレンチ風に様がわり?背ビレをはがす(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ちなみに小グロやメイタなどもこの方法で簡単にヒレが取れる。釣り人の間では「ゴジラを取る」とも。

ゲスト魚レシピ:「イトフエフキ」のステーキ フレンチ風に様がわり?こんな感じにできればOK(提供:TSURINEWSライター松田正記)

切り目を入れる

下処理の最後は尾っぽを切り落とし、魚の胴の部分に切り目を入れる。中骨まで届くくらいに深く、1~2本(筋)入れるといい。切り目を入れることにより、火が通りやすくなるだけでなく、味がよく染みて身離れもよくなる。

次のページで調理手順を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。