陸っぱりライトゲームでシーズン初のメバルと対面 本番到来の気配あり

陸っぱりライトゲームでシーズン初のメバルと対面 本番到来の気配あり

アジングでサバ。思いつきで同じジグ単をキワに打ったらメバルが出た。福音である。これからメバルが面白くなる感触のあった11月6日の大阪南港の釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大潮タイミングで釣行

11月6日、潮回りは新月大潮の最終日だった。シーバス狙いで夕マヅメに南港へエントリー。しかしここではタケノコメバルだけに終わってしまった。スレてしまったのか食性がかわったのか、またなぜか死んでいる個体もプカプカと水面によく見るので、なんとなく、これ以上シーバスは厳しそうだと思う。

陸っぱりライトゲームでシーズン初のメバルと対面 本番到来の気配ありワームにヒットしたタケノコメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メタルジグにサバ

メタルでサバ、時合いのみだが中サバが顔を出してくれる。この魚を追って青物が入っているはずだが、なかなか夕マヅメには出会えない。

陸っぱりライトゲームでシーズン初のメバルと対面 本番到来の気配ありメタルでサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ということで切りかえ早く、この日は2タックル持ってきていたので、サオをアジングロッドに持ちかえた。微妙な明暗打ちで小サバが1尾。しかしこのサバ、生意気なことに一発釣ったらスレた。夜のプランクトンパターンの小サバは難しい。

などとネガティブなことばかり並べているならと、ちょっと思いついたので試してみることに。もう11月、そろそろメバルが動いているんじゃないかとキワに目を向けた。

キワ打ちでまさかのメバル

二、三投目でドラグが鳴った。サイズはかわいいものだが、メバルの福音である。

陸っぱりライトゲームでシーズン初のメバルと対面 本番到来の気配あり今季の初メバルが釣れた!(提供:TSURINEWSライター井上海生)

このシーズンでははじめての対面となる。エステルライン0.2号なので、ドラグをずるずるに緩めながら、カサゴかなメバルかなと抜き上げてヘッドライトを当てて、そこに縞模様の姿を見たときには、よっしと小さな声さえもれた。

ちなみにリグは1gに1.5inchワーム。シーズン初期の表層ちょい沈めの巻きパターンで反応した。しかしどうにもあとが続かないというか、私の方がシーバスゲームで疲れていたこともあり何もかもアバウトにやるうち、疲れてきた。

小型ながら追釣り

もう1尾追加したが、型よ。シーズン初期、こんなものか?15cm級。いつももっとデカいのがポンと釣れたりするので、そこは不足感が残る。

陸っぱりライトゲームでシーズン初のメバルと対面 本番到来の気配ありもう一尾追加(提供:TSURINEWSライター井上海生)

デッカサゴも登場

そうだここのメバルはメタルが好きだったんだと思い出して、マイクロメタルをセット。マニュアル操作のやつで、こいつを無造作に表層トレースしているだけで反応する。ヘンなアクションは要らないので、レンジだけ表層表中層くらいにとりながら神妙にリトリーブ。

するとドン。しかしああこれはカサゴかなという中層落ちくらいのレンジだったので、ちょっとドラグを入れ直して根に潜られないように対処。軽めの一発フッキングも入れて上を向かせたら、あがってきた。25cm級。エステルラインでは薄氷のやり取りだ。

陸っぱりライトゲームでシーズン初のメバルと対面 本番到来の気配ありいい掛かりかたしたカサゴ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

調子が出てきた思いで、続けて表層打ち。しかしここで油断した。5.7ftのアジングロッドなので巻きコースが急になる。思っていたよりも早いところで岸壁にメタルが捕まってしまいロストした。去年からなかなか気に入っていたやつなのに、もったいない。

疲れた。このロストを最後に上がることにした。

次のページでメバル開幕の気配

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。