船イサキ釣行:釣果いまいちも絶品手料理で家族満足【愛知県・大山沖】

7月9日、南知多町片名港の忠栄丸へイサキ狙いで乗船した。数はそこまで伸ばせなかったが、家族が十分楽しめるだけの釣果料理を作ることが出来た。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

この日釣果と料理

この日の釣果は33~34cmのイサキ4匹、チダイ35cmと32cmが各1匹、ソウダガツオ3匹。ちなみに、サオ頭はトモに釣り座を構えていた市古さんで24匹だった。

乗船後のゴハンはとてもうまい!

下船後は奥さんが笑顔とともに冷たいお茶、さつま揚げ、よく冷えたそうめんを出してくれた。

この日は非常に暑く、めんつゆの塩分もありがたく、とてもおいしかった。また帰りには、武豊PAでかき氷を食べ、頭と体を冷やした(笑)

釣果のイサキやチダイは脂がよく乗っており、炙り、おすし、カルパッチョ、ソテー、ホイルバター焼きにしたが、とてもおいしかった。

料理はお好みで。

また、イサキの白子はグリル焼きや白子ポン酢に、ソウダガツオは竜田揚げに、イサキやチダイのあらは潮汁にしたが、こちらも大好評だった。

家族が十分楽しめた釣果に感謝だ。

釣りの醍醐味は美味しい魚が味わえること!

<週刊つりニュース中部版 APC・JOFI愛知・森麻里子/TSURINEWS編>

▼この釣船について
忠栄丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年7月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。