鮎トモ釣り:ニゴイ襲撃に耐えて湖産アユ111尾!【滋賀県・野洲川】

滋賀・野洲川のアユは、今年は琵琶湖からの天然遡上が豊富で、しかも型がいいと聞いて6月29日に出かけた。途中ニゴイの襲撃に合って仕掛けを複数失うも、見事な釣果を手にすることが出来た。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

当日のポイント

午前6時過ぎにオトリアユを買い、「下流の中郡橋か、國本建設裏がよく釣れている」と教えてもらった。河原に出るとシモに瀬が見えたので、少し歩いて瀬肩から釣り始めた。

今回のポイント。

午前6時半、水温は23.5度。

出だしから好調!

養殖オトリを瀬肩のヨレに入れると、すぐに目印がツツーッと走った。目測18cmほどの良型アユで胸にベッタリと黄金の紋様が付いていた。さすが湖産アユ、勝負が早い。

追い星が美しいアユ!

オトリがかわるとさらにピッチが上がり、入れ掛かりが続いた。

足元からピカピカに磨かれた玉石が続き、それが集まったヨレができていると、そのヨレを通った途端ギラギラーッと掛かる。

しかも、釣れるアユは18~20cmと、この時期にしたら良型ばかりだ。

上流では23cmも釣れたらしいが、私にしたら「オトリになればよし」で数釣れる方が楽しいのだ。

次ページでも入れ掛かり続行!