男女群島で荒磯の帝王と真っ向勝負 エサ取りに苦戦もイシダイ45cm頭3尾

男女群島で荒磯の帝王と真っ向勝負 エサ取りに苦戦もイシダイ45cm頭3尾

秋のイシダイシーズンということもあり、長崎県田平港から出港する、あじか磯釣センターで男女群島へ釣行。今回新調したサオで、荒磯の帝王に真っ向勝負、貴重なイシダイをキャッチした。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

あじか磯釣センターで男女群島へ

10月上旬、あじか磯釣センターは関西や関東からのルアーマン、アラ釣りの常連たちで大賑わい。

到着後、荷物を積み込んで午後1時に田平港を出港したブラックヘラクレスは、約3時間で男女群島に到着。幸運にも当日の到着便1番船でどの磯も空いている状態だったので、実績のある花栗島の石塚のタカダンへ4時30分ごろに上礁した。

男女群島で荒磯の帝王と真っ向勝負 エサ取りに苦戦もイシダイ45cm頭3尾男女群島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

イシダイ仕掛け

日没まで少し時間があったので早速、準備に取り掛かる。

男女群島で荒磯の帝王と真っ向勝負 エサ取りに苦戦もイシダイ45cm頭3尾イシダイ仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

イシダイの釣果はまだまだ水温高いのであまり良くないと事前に聞いていたが、事前情報通り仕掛けを入れるとものすごい数のエサ取りが足元に湧いていた。用意していたエサのガンガゼウニも一瞬でエサ取りに食われてしまい戦意喪失するほど厳しい状況。

これにはたまらず釣り中止。瀬ギワにいるジンガサをエサ用に50個ほど取って塩ジメにした。夜に備えてテントの準備後、食事を取り早めに就寝。

イシダイ45cm浮上

翌朝午前4時ごろ起床してアラ釣りをしてみると3kgくらいだが小さなアラが釣れた。

しかし今回の本命はあくまでもイシダイ。朝の上げ潮でまだエサ取りが少ない状況で集中して釣るように早々にアラ釣り道具は片付けた。

夜明け後、イシダイ釣り開始。夜明けすぐにもかかわらずやはり魚の活性は高くエサ取りもかなりいた。まきエサ代わりにガンガゼウニを数個ずつ数珠掛けしてハンマーで割り足元へ仕掛けを入れる。すると仕掛けを入れた途端に水面近くからガツガツとエサ取りに襲われる。

そういう状況で苦戦を強いられると思いきや前日用意したジンガサの塩ジメを数個ハリに掛けて足元7m付近を探っていると、ついにイシダイらしきアタリ。

ガツガツとエサ取りとは違う鮮明なアタリ。じわじわとサオ先を押さえ込みそれにアワせてサオをゆっくり、ゆっくり魚の動きに合わせて送り込む。しばらく止めて待っているとものすごい勢いでサオが海面に突き刺さった。溜め込んでアワセを入れる。

乗った。秋のイシダイはよく引く。今回新調したサオのしなりを確認するように引きを楽しんで水面に上がって来たのは45cmほどのイシダイ。貴重な1尾だった。

男女群島で荒磯の帝王と真っ向勝負 エサ取りに苦戦もイシダイ45cm頭3尾新調したサオで、貴重な1尾45cmイシダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

その後も良い潮が入って来て立て続けに同じタナで2尾連続釣れた。サイズはいわゆる男女サイズで40cmくらいの小ぶりのイシダイ。

やがてジンガサもなくなりエサ取り地獄。何度打ち返してもどのタナにもイシダイはいなかった。用意していた150個のガンガゼウニが何と一日でほぼなくなってしまった。

次のページで今後の展望を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。