伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「両グルテンの新ベラ狙い」。今回は単品でもブレンドでも使用頻度が高い『わたグル』について考えてみよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

「持たせ方」の違い

グルテンを持たせたいと思った時、エサの選択肢はいろいろあります。『わたグル』『凄グル』『アルファ21』『へらグルテンLL』などなど。ザッと挙げてみましたが、なかでも『わたグル』とはどのような特徴があるのでしょうか?記者のイメージとしては、挙げたなかでは、もっともエサ持ちがよくない(ハリに繊維が残らないという意味)と思うのですが?

伊藤 さとし

「大筋は正解だね。ただし誤解されると困るから注釈すると、持たないのではなく”持たせ方”に違いがあるんだよ」

 

と言いますと?

伊藤 さとし

「分かりやすいように極端な表現を使うと『アルファ21』はマッシュは抜けるけど、グルテン繊維はハリに残る。いわゆるガムのようにね。『わたグル』はマッシュの抜けが少なくて、かつ膨らむ。ただし膨らみのどこかが崩れだすと、一気にエサ玉は崩壊してしまう。だからハリには残らない。こんな違いのイメージかな」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第2回】エサ持ちのイメージ(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまりグルテン繊維の量と質が異なると?

伊藤 さとし

「当然だね。むしろそれらの割合によって、グルテンエサの性格が決まると言っても過言じゃないよ」

 

『わたグル』の特徴とは

では『わたグル』をもう少しかみ砕いて解説して下さい。

伊藤 さとし

「では『わたグル』が向いているシーンについて考えてみようか。あくまで単品での使用を前提にね」

 

積極的に使いたいシーン

ベトベト感を出さず、タッチをサクッとさせたい場合。より軽くしたい場合。

できれば避けたいシーン

本流などの流れ川で釣る場合。ジャミが多い(すべてのグルテンが通用しないケースもある)場合。

伊藤さとしのプライムフィッシング【両グルテンの新ベラ狙い:第2回】軽くて膨らむのが特徴だ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

こうやって整理してみると『わたグル』も万能というわけではないのですね?

伊藤 さとし

「そりゃあそうだよ、どんなエサにだって一長一短はあるからね(笑)」

 

ですが釣り場では、とくに管理池だと『わたグル』の使用率は高いように感じます。

伊藤 さとし

「そうだよね。グルテンセットの食わせだったり、『新べらグルテン』や『新べらグルテン底』とのブレンドで使っている人も多いよね。それだけ、誰にでも使いやすいエサだってことなんだろうね」

 

次のページで『わたグル』の「禁止事項」とは?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。