船マゴチゲームで数釣り満喫 ズル引き連発の秘訣はタコ型ルアー?

船マゴチゲームで数釣り満喫 ズル引き連発の秘訣はタコ型ルアー?

山口県宇部市・妻崎港・第八新西丸でマゴチゲーム。今回は、タコをイミテートしたルアー「ミニインクベイダー」で挑戦し、良型マゴチの数釣りの釣果となった。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・河野憲靖)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

第八新西丸でマゴチゲーム

今回の同行者は釣友でもあるルアーデザイナーの高橋さん、下関市のソルトルアーガイド船・ドリーマーズハイのTAKU船長、そして乗り合いで乗船した上重さんと桑原さんの5人。

10月上旬、午前6時に出船し、10分程度でポイントに到着して釣り開始、水深は10m前後だ。

船マゴチゲームで数釣り満喫 ズル引き連発の秘訣はタコ型ルアー?マゴチタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・河野憲靖)

第八新西丸は、ワインドをメインとしたマゴチゲームをガイドしているが、今回は高橋さんのデザインしたタコをイミテートしたルアー、「ミニインクベイダー」での挑戦だ。

とは言うものの、郷に入っては郷に従えという言葉に従い、私はワインドからスタートした。ワインドはロッドをシャクることで専用ジグヘッドを左右にダートさせ、リアクションバイトを誘う。私にとっては久し振りのワインド。

ウェイトは28gがメインということもあり、すぐに腕がパンパンになってしまったが、そんな私を尻目に桑原さんと上重さんが早々に良型マゴチをヒットさせた。

船マゴチゲームで数釣り満喫 ズル引き連発の秘訣はタコ型ルアー?ファーストヒットは桑原さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・河野憲靖)

バイトは小さいものだったそうだが、よく太ったコンディションの良いマゴチに否応なしにテンションが上がる。

船マゴチゲームで数釣り満喫 ズル引き連発の秘訣はタコ型ルアー?上重さんにも良型(提供:週刊つりニュース西部版APC・河野憲靖)

ミニインクベイダーにマゴチヒット

その後、潮の動きも弱く反応はあるものの、なかなかヒットせず、またヒットしてもバレてしまう我慢の時間が続くが、地元とは見える風景がまったく違う初めてのエリアでの釣りはやはり楽しいものだ。

そんな中、下げの潮が効き始めたタイミングで高橋さんのミニインクベイダーにマゴチがヒットした。

この日、ボトム付近をフワフワと誘うミニインクベイダーをひんぱんに小型のタコが抱いており、これだけ数がいればマゴチは確実にイイダコを捕食していると高橋さんは確信、自身のデザインしたルアーで狙い通りの1尾だ。

続けてTAKUさんにもマゴチがヒット、私もルアーをミニインクベイダーに交換し、無事にマゴチをキャッチできた。

船マゴチゲームで数釣り満喫 ズル引き連発の秘訣はタコ型ルアー?TAKUさんにもナイスサイズ(提供:週刊つりニュース西部版APC・河野憲靖)

ヒットパターン解説

この時のヒットパターンは、ボトムからタコが逃げるイメージでスローに何度かリフトし、そのままフォールさせるというもの。バイトは明確なものはでず、サオ先に重みが掛かる感じ。

これはこのルアーの特徴で、青物も同様なバイトがでるそうだ。マゴチはまったく慌てず余裕を持ってバイトしているように思える。「動かしすぎない」がキモになるが、簡単そうで意外と難しかったりもする。

船マゴチゲームで数釣り満喫 ズル引き連発の秘訣はタコ型ルアー?「マゴチはタコが大好物です!」と高橋さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・河野憲靖)

次のページで潮が効き始めミニインクベイダーの独壇場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。