初冬の陸っぱり『二刀流』釣りで2大本命アジ&カワハギをキャッチ

初冬の陸っぱり『二刀流』釣りで2大本命アジ&カワハギをキャッチ

初冬の堤防釣りを満喫。今回は、フカセ釣りでのアジ狙いと、胴突き仕掛けで狙うカワハギ釣りの二刀流に挑戦した。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。〝鼻が利く〟ことで親しまれ、「釣食」がモットー。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

堤防でアジ&カワハギ釣り

熊本県天草市の栖本港で、アジとカワハギの食いが活発だ。いずれも釣れる時間帯が違うことから、〝リレー釣り〟で狙うと面白い。10月21日に釣行した時の様子をリポートする。

同港は八代海に面した波穏やかな海域で、秋から初冬はアジやカワハギ釣りなどで賑わう人気の堤防だ。

栖本港の様子

栖本港に午前5時過ぎに到着。既に数人の先客が居て、大半の人が外波止の突端付近で釣りの準備中だった。

私は迷わず、波止中間部の内向きに釣り座を構えた。ここは潮溜まりになっていて過去の経験から、まきエが溜まりやすくて魚が居着く場所でもある。

電気ウキ仕掛けでアジ

早速、仕掛け作り。まずは電気ウキを使ったフカセ釣りでアジを狙う。ウキは遠近自在に探れるLFスマート、ハリは細身で刺さりがいい速手チヌを選択。まきエサは赤アミと配合エサを混ぜたもので、さしエサはオキアミ生。

初冬の陸っぱり『二刀流』釣りで2大本命アジ&カワハギをキャッチまきエは赤アミ+配合エサ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

まきエサをサオ下に5~6杯まき、1ヒロ半のタナから探りを入れた。

初冬の陸っぱり『二刀流』釣りで2大本命アジ&カワハギをキャッチアジ仕掛け図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

回遊を待って手返し

1投目からのアタリに期待したが、魚信はおろか、さしエサが残る。それでもアジの回遊を待って手返しを続けた。

空が白み始め、「今日はだめか」と諦めかけた時だった。ウキがモヤッと沈み、横走りした。軽くアワセを入れると確かな手応え。小気味いい引きを味わいながら、そっと抜き上げたのは20cm級のアジだった。

日が高くなると時合い終了

そのまま時合いを迎え、同型のアジがぽつぽつと上がる。釣れるパターンをつかみ、ペースを上げるかに思えた。

しかし、日が高くなると徐々にアタリは遠くなり、午前7時ごろに魚信は途絶えた。

初冬の陸っぱり『二刀流』釣りで2大本命アジ&カワハギをキャッチアジは10尾釣れた(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページではカワハギ釣りの模様をお届け!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。