秋磯での底物釣りでイシガキダイ全員安打達成 本番シーズンに期待大

秋磯での底物釣りでイシガキダイ全員安打達成 本番シーズンに期待大

渡船の潮騒を利用して長崎県新上五島町有川へイシダイを狙って釣行した。イシダイは不発に終わったが2kg級のイシガキダイをキャッチしたので、その模様をお届けする。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

磯でイシダイ狙い

10月2日、秋磯を満喫するため、渡船の潮騒で長崎県新上五島町有川への釣行を計画。新型コロナ感染には細心の注意を払い、ワクチン接種を終えたメンバー3人で有川の「百貫」へ上礁。狙いは底物イシダイ。

秋磯での底物釣りでイシガキダイ全員安打達成 本番シーズンに期待大ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

船長の事前情報によると新型コロナの影響で釣り人が少なく、エサが入っていないので大当たりか大外れのばくち勝負とのこと。

秋磯での底物釣りでイシガキダイ全員安打達成 本番シーズンに期待大タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

仕掛けは信頼しているタックルで、エサはガンガゼ(ウニ)と赤貝・サザエと大盤振る舞い。まずはガンガゼで反応を見るが、エサを入れてから30分が経過してもサオ先にアタリひとつなく、エサ交換時も原形をとどめたウニが上がってくる始末。

思わぬ2kg超えイシガキダイ浮上

3人で顔を見合わせ「日ごろの行いが悪いのは誰?」と、じゃれ合いながらコーヒーを沸かし、ゆったりと海を眺め魚が釣れなくても釣りができる幸せを感じていたころ、一番奥でサオを出していた横山さんが「地球」を釣り上げていた。

しかし、根掛かりにしては真剣に引っ張っているので「サオが痛みますよ!」と声をかけると、「たぶん魚が食ってる」と小声で返答が。居食いして根に入ったようだ。サオをあちらこちら動かしていると、運良く魚が根から離れファイト開始。

秋磯での底物釣りでイシガキダイ全員安打達成 本番シーズンに期待大2kg超えイシガキダイゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

サオの曲がりを堪能し、ゲットしたのは2kg超えの立派なイシガキダイ。ボウズ脱出1号でニンマリ。私と小川さんのサオに反応はない。

あきらめムード破り2kg級

私はエサを赤貝・サザエに替えてみるが、アタってくるのは小さなフエフキで磯はあきらめムード。その均衡を破ったのは小川さん、「きた!」とサオを大きく曲げてファイト。

秋磯での底物釣りでイシガキダイ全員安打達成 本番シーズンに期待大こちらも2kg級ゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・森正和)

巧みなサオさばきでゲットしたのは、これまた2kg級のイシガキダイ。ボウズ脱出2号。残るは私のみ。しかし、何時間経ってもサオ先に変化はなかった。

次のページはラストに待望のボウズ逃れ?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。