東京湾『LTアジ釣り』で153匹 エサ&誘いパターン発見で無双状態も

東京湾『LTアジ釣り』で153匹 エサ&誘いパターン発見で無双状態も

秋の気配が深まり、だんだんと東京湾のLTアジの釣果が高位で安定してきた雰囲気となってきた。今回は、東京湾の代表的釣りであるLTアジの釣行記をお届けしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り エサ釣り

吉野屋からLTアジ釣り

釣行日は10月8日、東京湾の老舗、浦安吉野屋さんからLTアジ船へ乗船した。当日は10月とはいえ日差しが強く、さらにほぼ無風で、半袖でも暑さを感じる陽気だった。

LTアジの仕掛

当日使用した仕掛は市販の3本バリ仕掛けで、エサは船宿で支給された赤タンとアオイソメの2種類。コマセも船宿のイワシミンチで、特別なことは何もしていない。

東京湾『LTアジ釣り』で153匹 エサ&誘いパターン発見で無双状態も使用した仕掛け(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

ポツポツ本命顔出し

出船から約40分程度で最初のポイントに到着である。最初のポイントでは4、5回コマセを打ち直したあたりで、アジからのコンタクトが得られるようになった。

しかし、活性としては低いとまではいかないが、高いともいえず、ぽつぽつといった感じの釣れ方である。

イソメよりも赤タンに好反応

最初は3本バリののうち2本にイソメ、1つに赤タンをつけていたが、あからさまに赤タンのハリばかりにアジがくるので全部のハリを赤タンにしたところ、ダブルやトリプルも出るようになった。

しかし、なかなか派手なアタリっぷりにはならないので1時間ほどでポイント移動、この時点で私の釣果は15匹程度であった。

東京湾『LTアジ釣り』で153匹 エサ&誘いパターン発見で無双状態も使用した2種のエサ(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

ポイント移動でアタリ増加

移動してきた先には他の船も集まっており、各船がアンカーを打ってじっくり狙っていた。こちらの船もアンカーを打って釣り再開である。

やはり最初の3、4回コマセを打ちかえたあたりからアジの反応を得られるようになった。こちらのアジはサイズは少し物足りない感じではあったが、最初のポイントよりもアタリっぷりはよかった。

イソメにヒット集中

最初のポイントではあからさまに赤タンがヒットを生み出していたが、こちらでは逆転し、イソメばかりにアタリが出るようになった。食いがいいので手返しよくするために赤タンで食わせたいところだが、人間の都合通りにいかないもので、アジの都合に合わせてすべてのハリにイソメをつけることとした。

次のページでは誘いがはまり入れ食いに

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。