伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの底釣り:第5回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの底釣り:第5回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「両ダンゴの底釣り」。今回は端境期のダンゴエサについて考えてみよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

端境期のヘラの食性

テーマは両ダンゴの底釣りですが、実際のところエサの種類的には端境期に差しかかっていますよね。そこで質問なのですが両ダンゴで釣っていて、これは違うなとか、セットに替えたほうがいいなみたいな目安ってありますか?

伊藤 さとし

「その時にどんなタッチのダンゴエサを打っているかでも違うと思うんだけど、基本的に魚が寄っているにも関わらず、それまでよりも触りの量が明らかに減ってアタリが遅くなった時だよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの底釣り:第5回】両ダンゴでは徐々に食いが悪くなる(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまり食い渋りのことですか?

伊藤 さとし

「大筋ではそういうことになるけど、厳密にはそれまでのタッチが食いづらくなったというだけで、タッチを変えれば、あるいはエサを替えれば食ってくる可能性はあるってことかな」

 

つまり厳寒期のような食い渋り状態ではない?

伊藤 さとし

「この時期、そこまで食いが落ちるのはよほどの気象変化とか水位変化でもない限り考えづらいよね。しかも、それが釣り堀や管理釣り場であればなおさらでしょう」

 

なぜアタリが出づらくなる?

両ダンゴのままでもタッチを替えれば食いアタリを出せると?

伊藤 さとし

「ではなぜ、それまでよりもアタリが出づらくなったのかを考えてみようか。仮定として水温の低下がおもな要因で、魚が寄っていることは前提でね」

 

食いが悪くなったからではないですか?

伊藤 さとし

「それでは話が先に進まないよ(笑)。では一般的に食いが悪くなると魚はどういう行動を示すかな?」

 

大きいエサを食べなくなるのでは?

伊藤 さとし

「それもあるね。他には?」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの底釣り:第5回】端境期は釣り場によって異なる(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

エサの芯に対して徐々に遠巻きになる?

伊藤 さとし

「おお!まるでインストラクターみたいな答えだね(笑)。正解だよ。ではなぜ遠巻きになるのかな?」

 

だから食い渋るからではないですか?

伊藤 さとし

「そうではなくてメカニズム的には?」

 

エサの芯を食べなくなり、周りのバラけた粒子を食べるようになるからではないですか?

伊藤 さとし

「お見事!では解決策は?」

 

グルテンにする!

伊藤 さとし

「その前に両ダンゴでもやれることがあるんじゃない?」

 

降参です。答えを教えてください。

開き具合をコントロール

伊藤 さとし

「要はエサの絶対量と開き具合ってことじゃない。あと重さもね」

 

なるほど。あえてバラケ性を抑えてエサの投入量を減らせば、ハリのほうに近づいてきてくれるかもしれない。そういうことですね?

伊藤 さとし

「だってもっと食い渋った厳寒期は開くエサは御法度ってよく言うでしょ。でも今はそこまでの食い渋りじゃない。ちょっとアタリが遅くなっただけなんだから、開き具合をコントロールすればアタリが復活してくれる可能性は高い」

 

それを両ダンゴでやるとするなら?

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの底釣り:第5回】アタリが遅くなる理由(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「練り込んでバラケ性を抑えるとか、よりまとまりがいいブレンドに替えるのもいいだろうね。ただし食いが渋くなったことは確かなんだから、タッチは軟らかめを基本にする。さらに付け加えるなら、ハリを小さくしてエサ玉自体を小さくするのもいいだろうね」

 

それでエサ持ちが悪くなったら本末転倒ですけどね。

伊藤 さとし

「いいところを突いてくるじゃない。エサの生命線はしっかりキープしつつ、魚の活性に合ったタッチとエサの大きさを駆使すれば、まだまだ両ダンゴでも楽しめると思うよ」

 

それが限界点にきたらいよいよグルテンの出番ですね!

伊藤 さとし

「そういうこと」

 

そろそろ新ベラ放流の時期でもありますから、次月からはそれをテーマにしませんか?

伊藤 さとし

「いいねぇ。楽しみだよ」

 

次回も「両ダンゴの底釣り」です。

【両ダンゴの底釣り:第1回】を読む。

【両ダンゴの底釣り:第2回】を読む。

【両ダンゴの底釣り:第3回】を読む。

【両ダンゴの底釣り:第4回】を読む。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
厚木へら鮒センター
この記事は『週刊へらニュース』2021年10月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。