秋イカシーズン本格化 陸っぱりエギングのキホン解説【2021伊豆エリア】

秋イカシーズン本格化 陸っぱりエギングのキホン解説【2021伊豆エリア】

秋のアオリイカは徐々にナイトでの良型の季節に突入。本来なら水温も下がる季節だが、伊豆エリアではいまだ高水温が続く2021年。この時期の対応エギ、ポイント、タイミングなど、晩秋に良型を手中にするための攻略法を解説する。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

秋イカ狙いナイトゲーム

今年の秋イカシーズンですが、デイからナイトに移行している。朝夕マヅメ~ナイトゲームについては、天敵となる青物の回遊が無くなりアオリイカが湾奥から回遊し始める。そこで、潮通しの良い外洋に面したポイントや港内の船道、岬の先端、深場と浅場が隣接するポイント、湾内やワンド内で潮の動く場所などがポイントとなる。

秋イカシーズン本格化 陸っぱりエギングのキホン解説【2021伊豆エリア】デイゲームでゲットした新子(提供:TSURINEWSライター野中功二)

ストラクチャーに付くイカを狙うデイゲームとは正反対に、この時期のナイトゲームは捕食回遊待ちの釣りが中心になる。潮の動きも大切だ。

秋イカのポイント

この時期で大切なのはポイントだ。近年の実績のあるポイントが有望視される。

秋イカシーズン本格化 陸っぱりエギングのキホン解説【2021伊豆エリア】湾口の磯(提供:TSURINEWSライター野中功二)

この時期イカがどこにいるのか?孵化した個体がエサを食べて大きくなってしまった時期で、外敵から身を守ることも可能な場所から、ベイトを待ち構えることができる環境へと優先順位がかわる。その後大きくなり外洋に出ていく。アベレージ600g台が今出始めている。

使用するエギ

エギは、新子でもある程度大きくなれば3.5号でも釣ることができるが、3号のエギならゆっくりとしたフォールなども演出できるので1~2本は準備しておきたい。ハイプレッシャーの中ではエギのサイズダウンも有効な一手となりうる。

秋イカシーズン本格化 陸っぱりエギングのキホン解説【2021伊豆エリア】エギは種類を用意しよう(提供:TSURINEWSライター野中功二)

カラー

カラーも視野性の良いカラーとナチュラルカラー、正反対のカラーを準備していきたい。人が投げていないカラーを投げてみるのも効果がある。闇夜、月夜で2パターンのエギを用意、闇夜であれば(赤テープ系、夜光タイプ、リアルタイプ、ケイムラ)。月夜であれば(シルバー系、ゴールド系、ケイムラタイプ、リアルタイプ)。月・闇5本ずつもあれば十分対応できる。大分型・脚付きタイプとおりまぜたい。

ラトル

ラトルの有効性はイカにエギを見つけてもらうことが大事なのでフレッシュなイカだけでなくスイッチを入れるスパイス的な効果も期待できる。ラトルからノンラトル、ノンラトルからラトルへのエギのローテーションも有効だ。

次のページで基本のアクション&マル秘テクニックを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。