ヒラマサキャスティングゲームで12kg大型浮上 船上お祭り騒ぎも

ヒラマサキャスティングゲームで12kg大型浮上 船上お祭り騒ぎも

長崎県平戸市・早福港の幸漁丸でヒラマサキャスティングに行ってきた。良型交えラッシュもあるなど、お祭り騒ぎとなった釣行をレポートします。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ヒラマサキャスティングゲーム

釣行前日の船長の話では、「明日はまだ北東の風が10mほど吹いていて、あまり沖には出られないかも」とのこと。

午前6時前、港に到着。船長が「7時すぎに下げ潮くるけん、そのタイミングに合わせて出ようか」と説明。少しゆっくりして、さぁ出船だ。

最初のポイントへ到着し、1流し目スタート。下げ潮の走り始めは、何回かキャストして方向を真横から斜め前へ。足元から10mもない距離でバナペン220Fにバイト。しかし、これはミスバイト。

すぐにルアーをただ巻きへ移行。すると別のヒラマサが真横から食らいつく。目の前でのバイトの応酬に興奮度MAX。サイズは5kgほどのヒラマサだったがスタートから好調。

ヒラマサキャスティングゲームで12kg大型浮上 船上お祭り騒ぎもナイスコンディションのヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

早々に2尾キャッチ

そして船を流し直す。すると、いきなり同船者にヒット。そしてさらにはもう1人の同船者にもヒットする。

私にもチャンスがくると期待してルアーを動かし、ルアーを投げてから距離があるうちは通常のジャークアクションを入れる。ある程度手前にくると、速引き(ノンストップジャーク)に回収も兼ねて切り替える。

その瞬間、2尾のヒラマサがルアーの左右後方に分かれて追ってきているのが見えた。船から2~3mのところでルアーを止めた瞬間、片方のヒラマサがバイト。しっかりフッキングして2尾目をキャッチ。素晴らしい日になる予感がぷんぷんする。

2流しでこの場所は終了し、少し移動。

ヒラマサキャスティングゲームで12kg大型浮上 船上お祭り騒ぎも同船者とダブルヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

12kg超え大マサ筆頭に連発

次のポイントの水深は40m程度からのカケアガリで10mくらいまで浅くなる。鳥もいるし潮も良い感じで流れている。季節的にアゴ(トビウオ)がいて、風向きも北東の風で期待できる。

ここからがお祭りの開始だった。ヒラマサのバイトラッシュ。同船者の女性が12kg超えの大マサをキャッチ、キャスティング2回目の同船者も9尾キャッチと見事な釣果。

私も何とか5尾をキャッチ。バラシもあったが4人で30尾ほどキャッチでき、満足の釣果だった。

ヒラマサキャスティングゲームで12kg大型浮上 船上お祭り騒ぎも女性アングラーは大マサ12kg超えを(提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

次のページで当日アタリだったパターンを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。