アカムツジギングで初挑戦者含め全員安打達成 ジグ動かすと釣れない?

アカムツジギングで初挑戦者含め全員安打達成 ジグ動かすと釣れない?

前回に引き続き、平潟港発の遊漁船・長孝丸さんでアカムツ釣行に行ってきました。今回のアカムツジギングの釣れるキモはなんだったのか?考えてみたいと思います。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

長孝丸でアカムツジギング

10月10日、アカムツジギング釣行へ。船宿は前回もお世話になった平潟港の長孝丸さんです。

午前4時前に港を出港。長めの波長のウネリが時折入る状況。アカムツポイントに到着してもウネリがあり、少し釣り難い状況ですが釣りスタートです。

朝からエサ釣りは好発進でしたが、ジギングは食わず。その後、9時を回ったころからジグへのアカムツの反応がよくなりました。

アカムツ全員安打

しかし、私はアカムツを掛けてもことごとくバラしてしまいます。アカムツ初挑戦の友人はなんなくキャッチに成功してくれたおかげで肩の荷がおりましたので、あとは私が釣れば全員安打となります。

結果はなんとか一本キャッチに成功してボウズを逃れました。10時には風も落ち着き、凪もよくなり楽しい釣行となりました。

アカムツジギングで初挑戦者含め全員安打達成 ジグ動かすと釣れない?私もキャッチ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

当日のパターン

朝は潮流れが悪かったのか?ジグへの反応はよくありませんでした。中乗りの若船長が釣り方を見せてくれましたが、どうやらジグはあまり動かさない方がマッチしているような印象の釣り方です。

ジグ着底からピックアップし、こまめにリールのクラッチをフリーにして、ウネリの中でもボトムから1mをひたすらキープしながらジグを踊らせるような誘い方です。決してジグは横に飛んではいないように見受けました。

アカムツにはありがちな釣り方ですが、一般的なジギングをイメージできる慣れたアングラーほど、ああいったジャークの仕方では、誰しもが釣れないと思うに違いありません。ジャークというよりはジグの重さでロッドティップを曲げて、その反発でジグを踊らせるような釣り方です。

私の見た目では、決してジグは飛んでないし、横になってユラユラとフォールしてるようには見えませんでした。ジグが立ったまま、上下に動いている感じです。

この動作を船の上下に合わせて、ラインを出したり、巻いたりしながら、ボトムから1mをキープしているとアカムツがモターっと乗ってくる感じの釣れ方でした。

この釣り方で若船長は本命を数本キャッチに成功。まさしく目から鱗の釣り方です。青物ジギングをやるアングラーならまずやらない釣りでしょう。

次のページでは水中でのジグの動きを考察

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。