キャスティングサワラゲームで本命3匹にハマチは20匹超え 速巻きがキモ

キャスティングサワラゲームで本命3匹にハマチは20匹超え 速巻きがキモ

東京湾をはじめとする湾内で、ボートからサワラを狙うサワラキャスティングが注目を集めている。今回は伊勢湾においてサワラキャスティングに行ってきたので報告する。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

サワラキャスティング

サワラキャスティングとは、サワラをボートからキャスティングで狙う釣り。ナブラや鳥山のあるポイントへ行ってサワラを狙うため、とてもエキサイティングで人気がある。

タックルもガチガチの青物タックルを準備する必要はなく、ボートシーバス用のタックルでも問題ないため、気軽に楽しむことができる。

まるさ丸でサワラキャスティング

9月26日、楠漁港から出船する「まるさ丸」さんにお邪魔した。この日は天気予報が悪く、朝集合後に天気次第では解散になるかもしれないとの連絡を受けていたが、運良く出船することができた。

用意したタックルは、7.3ftのMLアクションのサワラキャスティング専用ロッドに、4000番ハイギアスピニングリール、ラインはPEラインの1.5号、リーダーはナイロンの30lbを使用した。

速巻き&ジャークでハマチ

5時半ごろに出船してポイントへ。まだまだ薄暗い時間帯からスタート。ピンテールサゴシチューンを遠投して着水させたらすぐに速巻きを開始。時折ジャークも入れながら広範囲を探っているとヒット。なかなかの引きで上がってきたのはハマチであった。40cm前後であったが、青物はよく引くため楽しめる。

その後船全体でハマチフィーバーが開始。友人もミノーの速巻きで入れ食い状態。その中で後ろの方に大物がヒット。ドラグを出しながらファイトして上がってきたのは本命サワラ。ミノーの速巻きで食ってきたという。

サワラ80cm超をキャッチ

自分もサワラを狙って速巻きを繰り返すと自分にもヒット。身切れしないようにドラグを出しながらファイトして無事キャッチ。80cmオーバーの大型サワラであった。

その後、ハマチの中に時折サワラが掛かるというパターンが続き、朝マヅメは終了。

キャスティングサワラゲームで本命3匹にハマチは20匹超え 速巻きがキモ80cm超のサワラをキャッチ(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

ミノーの速巻きで青物にスイッチ

朝マヅメが終わり、反応が薄くなったためポイント移動。鳥山はあるがナブラはない状況のポイントへ。ここでもミノーの速巻きで探ると、友人と2人だけで入れ食い状態。

いまいちスイッチの入っていない青物に対して、速巻きでスイッチを入れてバイトに持ち込むことができた。ここで友人もハマチに交じってサワラをキャッチ。活性が高い時も低い時も速巻きはよく釣れることを証明できた。その後青物の魚影がどこかへ消え、10時ごろ沖上がりとなった。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。