コマセマグロ釣りで52.8kg『瀬の海モンスター』 未体験の激闘を制す

コマセマグロ釣りで52.8kg『瀬の海モンスター』 未体験の激闘を制す

夏の相模湾の風物詩、コマセ釣りで狙うキハダマグロ。ここ数年は秋口からモンスタークラスのキハダが現れているが、今年もついに姿を見せ始めたので早速狙いに行ってみた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り エサ釣り

準備編

まずは準備編として、当日のタックルと自作仕掛けを紹介する。

当日のタックル

サオ:マッドバイパースティング185
リール:ビーストマスター9000
ミチイト:PEライン10号 600m
ハリス:プレミアム万鮪26号 8m
ハリ:ジャイアンとキハダ 15号

コマセマグロ釣りで52.8kg『瀬の海モンスター』 未体験の激闘を制す当日のタックル(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

当日の自作仕掛け

仕掛けは自作したものを使用した。ハリとハリスの結束は坂本結びを採用し、ケイムラパイプでチモトの補強をしている。ミチイトには2mの太めのナイロンリーダーをPRノットで結束し、遊動天秤を通じてハリスと接続している。

モンスタークラスのキハダマグロはセッティングの弱いところがあると、そこから切られたり壊されたりするので、念入りにチェックしておこう。

コマセマグロ釣りで52.8kg『瀬の海モンスター』 未体験の激闘を制す接続部は全て補強(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

一俊丸からコマセキハダマグロ

9月28日(火)、茅ヶ崎漁港の一俊丸さんにお世話になった。台風が週末に接近するタイミングですでに強めの風が吹いていた。波も高いとまでは言わないが、周期の長めの波が立っていた。

ちなみに、釣り座は抽選で選ぶことになるが、くじ運の悪い私は一番最後に席を選ぶこととなり、右舷ど真ん中に釣り座を構えることになった。

マグロのタナでカツオヒット

6時出船でポイントまでは30分ほど、いわゆる「瀬の海」と呼ばれる海域に到着した。すでにいくつかの船が集まっており、群れを追いかけ回すのではなく、流し釣りの体制に入っている。私が乗船した船も同じく流し釣りに入る。

どうやらキハダの反応はかなり出ているようであった。

コマセマグロ釣りで52.8kg『瀬の海モンスター』 未体験の激闘を制す流し釣りの船団(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

しかし、キハダのタナでもカツオが掛かってきてしまい、船中はオマツリが多発してしまった。キハダのヒットはなかなか遠かった。

置き竿にキハダヒット!

しばらくそんな状況が続いていたら、置きザオにしていた私のサオ先がいきなり海面に突き刺さった。キハダのヒットである。早速ファーストランを開始するキハダ、置きザオにしていたためアワセも入れられていなかったが、とりあえず止まるのを待つ。

しかし、このヒットでは他の方とオマツリしてしまい、160mのファーストランが終わった際にハリが外れてしまったようで、すでにキハダはどこかに行ってしまっていた。

次のページでまさかの2発目がヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。