山本太郎の秋のカカリ釣り攻略 「三重・引本浦」&「福井・本郷」

山本太郎の秋のカカリ釣り攻略 「三重・引本浦」&「福井・本郷」

いよいよ秋本番。カカリ釣りもこれから最盛期を迎える。三重県紀北町引本浦と福井県おおい町本郷のフィールド別攻略法を紹介していこう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 山本太郎)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

三重県:紀北町引本浦

豊富な水深、周年安定した水温、穏やかな地形から、古くから養殖業が盛ん。奥行きはあるが、やや狭い特殊な入り江で形成されており、養殖魚の小割りが左岸、右岸の両方に延々と点在する。

山本太郎の秋のカカリ釣り攻略 「三重・引本浦」&「福井・本郷」多くの養殖小割りが並ぶ(提供:週刊つりニュース中部版 山本太郎)

潮流はほぼ穏やかで、このような条件がそろう地形にはクロダイが多く生息する。秋の数狙いなのだが、ここでは小型はほとんどおらず、釣れるクロダイは良型、大型である。

引本浦の本来のベストシーズンは、梅雨期から盛夏にかけてだが、秋が悪いわけではなく、狙い方や攻め方次第で面白い釣りが楽しめる。型ぞろいの豪引、また格別の趣向が潜んでいる。

養殖小割りの間を釣るスタイル

引本浦の釣り場は湾口から見て、航路筋を挟んで左岸側と右岸側に養殖小割りが並び、今春まで右岸側にポイントを保持していた渡船店が年齢を理由に廃業した。例年多くのファンを魅了してきた絶好の釣り場だっただけに、誠に残念。

右岸側には釣りができるイカダはなくなったが、左岸側にも好ポイントはちゃんとある。条件的には右岸側とほぼ変わりはないが、右岸側のポイントがなくなった分(ダンゴなどのまきエサ)、クロダイの寄りはより一層良くなるかもしれない。

山本太郎の秋のカカリ釣り攻略 「三重・引本浦」&「福井・本郷」今シーズンはどうなるか(提供:週刊つりニュース中部版 山本太郎)

マダイ、ハマチなどの養殖小割りが5連結×3列の形で、それぞれ片側二隅に板が固定されている。釣り座はその二隅で、小割りと小割りの間を釣るスタイルとなる。釣り座は完全にコンパネでふさがれていないので要注意。

養殖小割りの網とその網を支えるロープなど、障害物が多いポイントなので、タックル・仕掛けは強靭なモノが無難だ。水深は20~28m、潮流はゆったりと湾口から湾奥の方向へ流れる程度で釣りやすい。

「タナの釣り」で攻めよう

左岸側のポイントは過去に1度だけサオを出したが、右岸側とエサ取りの種類も含め、なんら変わりはなかった。クロダイの釣れ方、パターンとしてはやはりボラが方程式になり、ダンゴをボラが激しく割った後にしばらくしてクロダイが入ってくるといった具合。秋もボラはカギになるので覚えておこう。

山本太郎の秋のカカリ釣り攻略 「三重・引本浦」&「福井・本郷」タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 山本太郎)

水深がやや深め、中層からボラ、サバの攻撃も多いことから、ダンゴは普段より少し多めに持参し、サナギを軸にオキアミ、コーンを十分に用意しよう。

攻め方としては、基本的にオモリを打たない+タナの釣り。これでたっぷりのインターバルを持たせてクロダイの摂餌へと持ち込む。いろいろな方法を試してみたが、+タナ(ハワセ)の攻めが最も効果的だった。

摂餌リズムへマッチさせる

プラス幅はおよそサオ1.5~2本分だが、ボラのスレアタリが多発して紛らわしいようなら、さらに多めにプラスするといい。ただし、深場+タナであることを考慮し、アワセは一層パワフルに。不安なら立ち上がってアワせてもいい。

さしエサはボリューミーに、ダンゴもやや大きく。着底したらすかさずラインをプラスして、ダンゴの割れを確認せずにサオ先を定位置に下げて構える。

山本太郎の秋のカカリ釣り攻略 「三重・引本浦」&「福井・本郷」本命を手にしよう(提供:週刊つりニュース中部版 山本太郎)

インターバルはダンゴが割れてから3~5分、状況が芳しくなければさらに長く待ってみよう。クロダイのその時の摂餌リズム、それに的確にマッチさせていけるか否かが、好釣果への近道といえる。

引本浦では中層でダンゴを切って落とし込んでいく中切りもハマるときがある。ゲストの大マダイもきてしまうが、適宜中切りも試してみていただきたい。

▼この釣り場について
貞丸

次のページは福井県:本郷を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。