ボートシーバスゲームで60cm頭に快釣 バイブレーションで連発も

ボートシーバスゲームで60cm頭に快釣 バイブレーションで連発も

福岡市東区の遊漁船クルーズにて、博多湾のボート・シーバスに行ってきた。バイブレーションをメインに攻め、途中3連釣もあった当日の釣りをリポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

クルーズでボートシーバス

東浜船溜から午前6時に出船し、10分ほど船を走らせた後で釣りをスタート。イワシなどの小型ベイトとコノシロなどの大型ベイトを想定し、タックルを二つ持ち込むことにした。

今回のポイントに到着後、海面を見る限りカタクチイワシがベイトのようだったので、まずは小型のポッパーを使ってみることにした。

しばらく使ってみたが反応が良くなかったため、定番のバイブレーションを使うことにした。

ボートシーバスゲームで60cm頭に快釣 バイブレーションで連発もタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

表層付近にシーバスがいるようだったので、バイブレーション着水後に沈めず、表層付近を泳がせるようにしたところ、ぽつぽつだがアタリがでだした。

60cm頭に3尾連釣

粘り強くバイブレーションを投げ、手前まで寄ってきたところ、ルアーのレンジが変わった瞬間ヒット!上がってきたのは60cmオーバーの良型シーバスだった。

同じようにルアーを引いていたところ、再び手前のレンジが変わる瞬間にヒット!上がってきたのは良型だった。パターンが分かってきたところで、3尾目の良型を釣ることができた。

しばらくすると潮止まりになったのか、シーバスが釣れなくなった。また、サイズも小型になったので、少し移動することになった。

ポイント移動後、今度はコノシロのベイトを確認でき、それを意識したシーバスを狙うためオシアペンシル185Fを使ってみることにした。

最後もバイブレーションで

30分ほど投げたが、魚からの反応がなかったため、再びバイブレーションに戻して釣りを再開した。すると、潮が動きだしたのと相まって、またシーバスが釣れるようになった。納竿の10時が迫って最後の流しになったところ、シーバスが釣れなくなった。

そして、ラスト3投とのアナウンスがあった後、何としても釣って終わらせたかったため、シーバスのレンジが下がったことを想定して、ボトムを取った後で巻き始めてみると、待望のヒット!上がってきたのは少し小ぶりの50cmぐらいだった。

久しぶりの釣りだったので釣れるか心配だったが、ほどよく釣れ、満足のいく釣行となった。

<週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊漁船・クルーズ
出船場所:博多港・東浜船溜
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。