沖磯ロックゲームで良型アカハタ手中 好ゲストにハマチにシオも顔出し

沖磯ロックゲームで良型アカハタ手中 好ゲストにハマチにシオも顔出し

流行りのロックゲームを楽しみに、三重県尾鷲の大ちゃん渡船に出かけた。醍醐味である魚とのパワーファイトを楽しみ、アカハタをキャッチした釣行をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

沖磯でロックゲーム

9月9日、近年注目を集めているロックゲームに、つりえさ市場本店スタッフの早川君、大平マネージャー、私の3人で尾鷲の大ちゃん渡船にお世話になり、半夜で沖磯へと出かけた。

前々日から雨が降り続き、当日も少し降りそうな予報だったが、なんとか持ちこたえてくれた。

ロックゲームは、磯場からルアーで釣れる魚全てがターゲットだ。尾鷲で最近釣れている魚は、ツバス(イナダ)やハマチ、シオなどの青物系からイサキや根魚など多種多彩だ。私の狙いはオオモンハタやアカハタなどの根魚なので、どのパターンにも対応のできるワームやジグを用意した。

沖磯ロックゲームで良型アカハタ手中 好ゲストにハマチにシオも顔出しタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

今回の磯は立神で、この磯は上物で名の知れた一級磯だ。はやる気持ちを抑えながら準備に取りかかり、メンバーと話をして、まずはジグで広範囲にサーチすることになった。水深や潮の流れを確認したいので、私の中の基本である30gをセットしいざ釣り開始だ。

開始30分でシオ登場

沖に向かって大遠投。潮流は少し速いが、表層から狙い活性の高い魚から釣っていく。1投目は無反応。そのまま投げる向きを変えながら表層を探っていくが、アタらず少しレンジを下げて狙っていく。大平マネージャーはフォール中になにかがアタるようで、イサキかと期待したが、結局掛けることはなくアタリがなくなってしまった。

そして、開始から30分くらいたったころ、少し離れた所から早川君の「キター!」の叫び声。この日初めてのヒットとともに、一気にテンションが跳ね上がる。魚の豪引に耐えて上がってきたのは丸々としたシオだ。

沖磯ロックゲームで良型アカハタ手中 好ゲストにハマチにシオも顔出し丸々としたシオ(提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

私も釣りたい……。釣れたジグのカラー、レンジを聞き、すぐに投げるがそう簡単には釣れない。

ワームで攻めるも難渋

そうこうしているうちに潮止まりになり、ワームの釣りに切り替える準備をする。スイミングテンヤ20gにバルトの3.5inchのジグヘッドリグをセットし、少し浅い所に投げるがこちらはフグにテール部分がかじられるだけで、ハタ類からの返事がない。

沖磯ロックゲームで良型アカハタ手中 好ゲストにハマチにシオも顔出しビフテキリグ(提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

次はベイトタックルに持ち替えてビーンズ28gにキジハタホッグ3inchのビフテキリグをセットした。しかしこちらも反応がない……。早川君、マネージャーともにジグに戻したりといろいろやったが、沈黙の時間が流れる。

ヒット&ゴリ巻きキャッチで安堵

そしてまた早川君にヒット。ワームでやっていたのでハタ類だろう。オオモンハタかアカハタか……。姿を現したのはアカハタだったが、抜き上げるときに惜しくもフックアウト。波にもまれながら海に帰っていく姿が実に悲しい。

沖磯ロックゲームで良型アカハタ手中 好ゲストにハマチにシオも顔出し当日使用したワームやジグ(提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

そして私は誰も投げていなさそうなところにキャスト。「いいポイントに入ったな」と思った瞬間、コンッ!とボトムの着底とは違う魚のアタリが出た。思いっ切りフッキングして、ゴリ巻きファイト。

浅い所で掛けていたので潜られるか不安だったが、難なくキャッチすることができた。これで私もロックゲームの醍醐味である魚とのパワーファイトをすることができた……。ボウズを覚悟したが、胸をなで下ろす気持ちだ。

時合い到来でアカハタ連発

魚を外してまた同じ所に数回投げるが、そこでのアタリはなかった。ここで私の最後の必殺、重めのシンカー、ビーンズの35gにキジハタグラブ4inchをセットし、これまた大遠投。みんながジグで攻めるようなポイントを、ワームでネチネチと攻めていく。

これと時合いが相まって連発。調子が出てきたところで根に潜られまいと必死に巻いていると、魚が水面をサーフィンのように滑りフックアウトしてしまった。次からは気をつけて1匹ずつ丁寧に釣り上げていこう……。

沖磯ロックゲームで良型アカハタ手中 好ゲストにハマチにシオも顔出し青物の豪快な突っ込みでロッドが曲がる(提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

私が4匹目のハタとのファイト中に、また早川君に青物がヒット。私とのダブルヒットでさらに盛り上がる。そして私の横で突然のドラグ音が鳴りマネージャーにも待望のヒット。青物のようだ。マネージャーはうまく魚をいなしていたが、PEラインの途中からプツリと切れてしまった。

次のページで大ハマチ60cm浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。