波止で楽しむファミリーフィッシング 多彩な釣果でクーラー満タン

波止で楽しむファミリーフィッシング 多彩な釣果でクーラー満タン

釣り仲間の佐藤さんファミリーのサポート役で、北九州市若松でファミリーフィッシングを楽しんだ。多彩な釣果でクーラー満タンとなった当日の釣りをリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

若松でファミリーフィッシング

8月28日、夏休みも終盤となった釣り仲間の佐藤さんファミリーのサポート役で同行。釣り場は娘さんとお孫さんのMくんとYちゃんにたくさん釣らせたいとのことで北九州市若松に決まった。

早朝の数時間の予定で、ママさんにも参加してもらい、魚釣りの楽しさを知ってもらうつもり。何でも釣れるサビキ釣りスタイルで、Mくんにルアーロッド、Yちゃんにちょい投げロッドを、佐藤さんとママさんには私の予備のルアーロッドを貸すことにして、早朝の5時に出発。

波止で楽しむファミリーフィッシング 多彩な釣果でクーラー満タンタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

6時には現地に到着。仕掛けは、佐藤さんが遠投カゴサビキ8号、アジスキンサビキ5号、底アミカゴ8号を3セット購入していて、それをMくんとYちゃんとママさんのサオにセット。

エサは、サビキ専用のアミ姫キララ、爆寄せサビキなどを用意。アミ姫キララはキャップ式で、チューブを押さえるだけで簡単にカゴに入れられ、手も汚れないのですごく楽。小2のYちゃんも自分で入れていた。

Mくんは爆寄せサビキを入れて岸壁からちょい投げし、あとはアタリを待つだけ。

佐藤さんはウキフカセ釣りしかやらない人で、用意したまきエサのジャンボアミ半角、アミパワー・グレスペシャル、グレパワーV9を混ぜ込み、お孫さんたちのウキの上にまいてやりながらアジを狙うとのことだ。

アジ連続ヒットを楽しむ

早くもMくんが小アジを2連チャン。Yちゃんもウキがぴこぴこしていたのでリールを巻いて、アジをゲットした。

ママさんもウキ下3mですぐにヒットし、これはアジではなくメバル。10cmほどだが、生まれて初めて釣った高級根魚にうれしそうだった。

バケツに入れて、子どもたちもアジをぽつぽつ釣っている。Yちゃんのちょい投げロッドがよく曲がり、トリプルヒットの入れ食い。佐藤さんもウキにも反応があり、まきエサに群れているアジが次々にヒット。

1時間も釣っていると、みんな上手に釣りができるようになったが、魚をつかむのが苦手な子どもたち。サビキにはハリがたくさん付いているので、佐藤さんが魚を取ってやり、バケツに入れるとバシャバシャとしていて、子どもたちもうれしそうだった。

12cmハゼや18cmキスも登場

私はアジばかり釣っても面白くないので、ハゼ釣りタックルを出し、エサの砂ゴカイをつけて港内に投げ、引き釣りしているとグイーンとサオ先を絞り込んでヒットし、ハゼ12cmをゲット。

続いてメゴチが釣れたが、これは食べないのでリリース。Mくんが「おいちゃん上手やねぇー」とほめてくれた。「この次は投げ釣りを教えてやるよ」と約束すると、ママさんと一緒にぽつぽつと小アジを釣っていた。

私も少し間を空けて、2色(1色=25m)投げて引き釣りしていると、スーッとサオ先を絞り込む良いアタリで、18cmの良型キスが釣れた。

波止で楽しむファミリーフィッシング 多彩な釣果でクーラー満タン投げでキス18cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

港内は砂地で、いろんな魚が釣れる。ハゼは計5尾で、いずれも10~13cmと小型だが、おいしい旬の魚だ。そしてキスも淡泊でおいしい。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。