晩秋の風物詩「落ちハゼ」釣り徹底解説 夏場とは仕掛けや道具異なる?

晩秋の風物詩「落ちハゼ」釣り徹底解説 夏場とは仕掛けや道具異なる?

落ちハゼ釣りは、夏場とタックルもハリのサイズも違います。ここではそんな落ちハゼ釣りのキホンの釣り方を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

落ちハゼ釣りタックル

落ちハゼ釣りのタックルは、コンパクトロッドなどを使った、リールでのチョイ投げ釣りがキホンです。

晩秋の風物詩「落ちハゼ」釣り徹底解説 夏場とは仕掛けや道具異なる?落ちハゼ釣りのタックル(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

落ちハゼ釣りの仕掛け

コンパクトロッドのチョイ投げタックルには、市販の中通しオモリ仕掛けが、イトが絡みにくい上、アタリがダイレクトに伝わるためオススメです。もちろん、小さめの天ビンにナス型オモリ5号程度をセットした、オーソドックスな仕掛けでも構いません。

ハリは流線5号以上。ハゼのサイズが夏場より大きいため、ハリも流線5号か、ソデ4号以上を使用します。理由は判りませんが流線で、赤く色のついたハリが、食いがいいようです。

落ちハゼ釣りのエサ

エサは、夏場に使うホタテでは投げた時に落ちてしまうので、エサ持ちのいい青イソメかジャリメを使うことになります。

落ちハゼ釣りのポイント

落ちハゼは、深い場所にいる以上、狙うポイントも水深のある運河が中心となります。10月後半以降は、その日の気温にもよりますが、水深3m以上の深場を狙うことになります。運河は中央部分が船の航路になっていることが多いので、船の通行に注意しながら、航路のカケアガリ(いわゆるブレイクライン)に投げ込みます。

晩秋の風物詩「落ちハゼ」釣り徹底解説 夏場とは仕掛けや道具異なる?幅広い運河を狙う(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

アンダーキャストも活用を

ポイントによっては、本格的な投げ釣りが禁止されていたり、船が頻繁に通るため、投げ釣りが危険な場合もあります。こうしたポイントでは、なるべくアンダーキャストで、狙った場所に仕掛けを投げ込みましょう。

晩秋の風物詩「落ちハゼ」釣り徹底解説 夏場とは仕掛けや道具異なる?投げ釣り禁止の看板がある場所も(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

次のページで落ちハゼの具体的な釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。