陸っぱりエギングゲームで800gアオリイカ手中 サイトで良型狙い撃ち

陸っぱりエギングゲームで800gアオリイカ手中 サイトで良型狙い撃ち

長崎県・上五島での陸っぱりエギングゲームをお届け。サイトにて良型アオリイカ狙い撃ち達成の模様をお届け。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 山下勇磨)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

上五島で陸っぱりエギング

6、7月の梅雨(つゆ)の時期ではあるものの、長崎県・上五島は風の緩やかな日も多く、アオリイカの釣果も上向いた。

気温も30度近くになれば、暑い時間を避けてマヅメの時間からポイントに向かう。狙うアオリイカはイワシなどのベイトフィッシュの群れに付く活性の良い個体。シャローエリアでイカの群れを狙っていく。

陸っぱりエギングゲームで800gアオリイカ手中 サイトで良型狙い撃ちタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 山下勇磨)

当日は、プロトタイプのエギからスタート。シャープボディーのため、扱いやすいのが特徴。アオリイカの反応も良く、グライドロールに比べると使いやすくなっている。

しかし、スリムボディーへの反応はいまいち。そこでグライドロール90(クリアパープル)にチェンジ、マヅメ時に使うことの多いカラーだ。グライドロールのボリューム感のあるポリゴンボディーで、沖にいる本命にも見つけてもらいやすくするのが目的。

良型を選んでキャッチ

足元には小魚やイワシも確認でき期待が高まる。すると、沖にキャストしたグライドロールに早速の反応。フォールで乗ってきた。300gほどのサイズが多い中、幸先の良いスタート。ダートアピールも少なく、フリーフォールで乗ってくるのでイカの活性も高いと判断。

その後、別の群れを発見し中層からダート&トランスフォールを交えたアクションで誘うと、良型のイカを追加することに成功。小さなサイズを避けながら、良型を乗せることができた。この日は、本命以外にもプロトタイプのエギで、アコウ(キジハタ)のキャッチにも成功でき満足な釣果となった。

サイトで800gキャッチ

日を改め再び釣行。波も穏やかであり、エギング中心の釣り。まずは潮の流れの良いシャローエリアに点在するシモリへグライドロール100をキャスト。水質もいいので広範囲から引き寄せようとショートフォールでアピール。

広範囲から視認できるように中層付近をチェックしていると、エギの後ろから本命を確認。ダートで誘い、ラインテンションに気をつけながらフォール。しっかりと乗ったところを確認しフッキングできた。キロアップとはいかなかったが、貴重な800gとなった。

陸っぱりエギングゲームで800gアオリイカ手中 サイトで良型狙い撃ちパープルのエギに好反応(提供:週刊つりニュース西部版 山下勇磨)

その後、イカの反応もないのでポイントを移動。200gサイズが追ってきたりしたが、ネリゴが入り乗せるまでは持ち込めず釣行終了。

アクション&カラーで攻略

今回の釣行で使用したグライドロールは、ボディー形状とトランスフォールシステムを搭載したアクション特化のエギ。現在は3.5号サイズの100と、3号サイズの90の2種類。ラインテンションでウエイトの前後の位置をコントロールでき、ダートのみならずフォールアクションをも演出することで、広範囲にアピールできる特徴を備えたエギとなっている。

独特のアクションで夏イカからの反応も上々。エギのカラーにシビアになるような日が多く、カラーセレクトも重要。エギのカラーローテーションの基本に加え、アクションにも変化をもたせたエギシリーズを使った釣行だった。

<週刊つりニュース西部版 山下勇磨/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
上五島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。