名古屋港ボートロックゲーム満喫 カサゴ連打にキジハタに良型クロソイも

名古屋港ボートロックゲーム満喫 カサゴ連打にキジハタに良型クロソイも

夕方から名古屋港のナイトゲームに、釣友の大坪さん、10フィートアンダーソルトの伊豫部君と、出船してきた。カサゴ祭りに始まりキジハタにソイも出たのでレポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

名古屋港のナイトゲーム

8月25日、夕方から名古屋港のナイトゲームに出船。今回のターゲットは夏のロックフィッシュだ。ロックフィッシュの定番のカサゴと大型キジハタ&クロソイも狙う。

そして今回は面白いルアーも持参。それはブラックバスに実績の高いホッグ系ワームのチビロッターと、マイクロッターのプロトのソルトカラーだ。ハンドポワード製法のワームで、柔らかく浮きが早くボトムスレスレでアピールできる時間が長い。ボトムから浮くロックフィッシュに最適なワームだ。

カサゴ祭りでスタート

愛知県・飛島村の筏川から出船。まずはシャローのゴロタ周りからスタート。5gの直リグに、小粒のマイクロッターをセット。すると1投目からコンッとヒットしたのは元気なカサゴだ。

すると伊豫部君にも、グッドコンディションのカサゴ。次は大坪さんにもカサゴが連続ヒット。スタートから夏のカサゴ祭りだ。

名古屋港ボートロックゲーム満喫 カサゴ連打にキジハタに良型クロソイも大坪さんは怒とうのカサゴ連打(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

いろいろなカラーをチェックしながら、カサゴの反応をチェックしてシャローエリアをランガンしていった。雨の日が多く、河川から流れてきたゴミがひどい状況ではあったが、ロックフィッシュは好反応だ。またマイクロッターのプロトソルトカラーが、メチャクチャ効果的だった。

待望のキジハタ登場

潮止まりを挟んで下げ潮に入り、大型ロックを狙いに行く。ポイントは水深15m前後のブレイクライン。14gの直リグと、可動域が大きいジョインテッドシューティングボールヘッド14gに、チビロッターソルトカラーをセット。アピール重視でボトムを取り、少しボトムから浮かせたりボトムでネチネチ誘ったりする。

すると私にヒット。しかし上がってきたのはカサゴ。すると伊豫部君にもカサゴがヒット。カサゴの反応は相変わらず良好だが、本命からのコンタクトがない。

しばらくして伊豫部君にヒット。少し暴れるファイトを見せる。水面に浮いたのは赤い魚体。待望のキジハタだ。カニ色のチビロッターソルトカラーを丸のみにしていた。

名古屋港ボートロックゲーム満喫 カサゴ連打にキジハタに良型クロソイも伊豫部キャプテンがキジハタゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

次のページではクロソイが登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。