香川沖でイイダコ釣りが開幕 初戦の釣果から占う今期の調子は渋め?

香川沖でイイダコ釣りが開幕 初戦の釣果から占う今期の調子は渋め?

今年も香川沖のイイダコシーズンが開幕した。早速8月末に釣行してきたので、その日の釣況と、そこから占った今シーズンの展望を紹介したい。

香川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

船釣り エサ釣り

イイダコ釣りが開幕

今年もこの時期がやってきた。そう、船からのイイダコ釣りだ。少し早いかなと思いつつも8月29日(日)に、友人達と4人で、瀬戸内海に行ってきた。

釣り船中村屋の中村船長によると、今シーズンは前日、28日土曜日から始まったそうで、「前日の釣果は、8人で70匹くらい。だめでした。まあ、これからやから」とのこと。「今日はどうかな」と聞くと、「昨日は、風が強くてうねりもあり、釣りにくかったよ。今日は、昨日よりええんじゃない」と言う。「じゃあ、一人50匹釣れるかなあ?」「ご、ご、50……うーん」「まあ様子見やから、20匹釣れたらいいや。あんまり多いと、釣った後の処理が大変やからなあ」

香川沖でイイダコ釣りが開幕 初戦の釣果から占う今期の調子は渋め?お世話になった釣り船中村屋(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

イイダコ釣りの時期

瀬戸内海である、ここ詫間~丸亀沖のイイダコは、秋から初冬にかけて浅場にやってくると言われており、釣りの旬は秋から冬にかけてになる。だいたい、9月に入ってから12月中旬ごろまでは、楽しむことができる。

開幕直後は型が小さくて、小指の爪くらいの小さなイイダコからはじまり、終盤にはイイ(飯)と呼ばれる、お米に似た卵のカプセルがたっぷり入った大型のイイダコ釣りが楽しめる。数と型の両方を楽しみたいのなら、中盤の10~11月がおすすめである。

香川沖でイイダコ釣りが開幕 初戦の釣果から占う今期の調子は渋め?初期の小型イイダコ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

イイダコ釣りの潮

なお、数釣りには潮も大切な要素である。大潮のように、ゴーゴー動くと釣りにくいので、小潮が緩やかに動く日が数を狙いやすい。しかし、すんなりと船の予約が取れるとは限らないので、中潮くらいまで想定してプランを立てよう。

腕に自身がある人は、大潮でも釣れるが、潮に負けない重たい仕掛けで狙うことになるので、アタリも取りにくくなる。ただし、大潮でも潮止まり前後は狙い目で、確変フィーバーになるときもある。

天候が穏やかで潮が緩い日に恵まれると、100匹以上も可能となるかも。

次のページで実釣の結果はいかに?

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。