関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門:年間のシーズンを理解しよう

関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門:年間のシーズンを理解しよう

夏の終わりから冬にかけて、大阪湾の波止を熱くするターゲットがタチウオ。いよいよ開幕ということで、大阪湾タチウオ釣りシーズンについて解説しよう。

関西のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

タチウオってどんな魚?

タチウオはサバ亜目タチウオ科に属する魚で、大阪湾で釣れるのは本タチウオという浅海性の魚だ。タチウオ科の魚類は、世界で47種類ほど確認されている。日本近海では、本タチウオ、テンジクタチ、オキナワオオタチが釣りで狙える。

昼間は砂泥底の沖の深みに身を潜め、夕方から夜になると、浮上して小魚を追って盛んに摂餌するフイッシュイーターだ。歯は鋭く、触れただけで、スパッと切れるので、魚ハサミなどを使って扱いに注意する必要がある。

名前の由来には、立ち泳ぎするから「立ち魚」という説と、太刀に似ているから「太刀魚」という説がある。九州では、その姿から、サーベルとも呼ばれる。

関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門:年間のシーズンを理解しよう美しいタチウオ(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

釣り物としてのタチウオ

タチウオは、これから初冬にかけて大阪湾の波止の浅場に接岸し、われわれ釣り人を大いに楽しませてくれる魚。朝夕のマヅメに特に活性が高く、釣果はほとんどこの時間帯に上がることが多い。マヅメ狙い撃ちの短時間釣行でも楽しめるとあって、仕事の前や後に波止へ通うサラリーマンもいるとか。

また、くせのない白身で食味も抜群だから、塩焼き、煮付け、天ぷらなど、様々な料理に調理でき、多彩な食味が楽しめるのも魅力。特に、釣りたての新鮮なタチウオの刺し身はまさしく「釣り人の特権」である。

このように、釣ってよし食べてよしのタチウオは、何の前触れもなく、突然波止から釣れ始める。そして、数日釣れ盛ったと思えば、ある日突然釣れなくなり、姿を消すことも。まさに、神出鬼没、別名、幽霊魚と呼ばれている所以だ。

関西のタチウオ釣りシーズン

タチウオは、冬になって海水温が下がると、適水温になる深場におちていき、越冬する。春になり、海水温が上昇してくると、再び接岸してくる。和歌山県の紀北の波止場(和歌山港、海南、下津周辺)では、4月になると紀淡海峡沖で越冬していたタチウオが、イワシや稚アユなどのエサを追って接岸し、春タチウオが釣れ始める。

このころのタチウオは、数は釣れないが型は良く、80~90cmがアベレージサイズ。時にメータークラスも交じる。

7月になると、抱卵した良型と60cmクラスの新子が混じって釣れ始め、数釣りが楽しめる。紀北では年末まで、ムラはあるが釣れ続き釣期はかなり長い。

淡路沖で越冬したタチウオは淡路島の東浦に接岸し、7月から淡路島の波止(洲本、津名周辺)で、60~70cmサイズの夏タチが釣れ始める。東浦では、やはりムラがあるが、年末まで釣れ続ける。

その後、紀北や淡路で釣れていたタチウオが、大阪湾の広域に回遊を始める。紀北や淡路で釣れていたタチウオが、大阪湾の湾奥まで進む回遊は、ベイトを追ってではなく、ほとんどが、潮流の影響であるそうだ。潮に乗って浅場に接岸し、自主的な摂餌の回遊を始める。

関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門:年間のシーズンを理解しよう秋が深まれば良型が期待大(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページでは大阪湾内のタチウオシーズンを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。