鮮魚の上手な買い方:「のどぐろ」を食べたきゃ「アカムツ」を買おう?

鮮魚の上手な買い方:「のどぐろ」を食べたきゃ「アカムツ」を買おう?

「のどぐろ」食べたきゃ「アカムツ」を買え。なにバカ言ってんの、とお思いの方も多いと思いますがその理由をご説明いたします。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 サカナ研究所

「のどぐろ」と「アカムツ」

釣り人の多くは常識として理解していることだとは思いますが、のどぐろとアカムツは同じ魚です(※一部のエリアでユメカサゴや喉が黒いマアジのことをのどぐろと呼ぶこともあり)。標準和名がアカムツで、「のどぐろ」は山陰や北陸や新潟など日本海側の地方名です。

たとえばクロダイとチヌ、メジナとグレ、カサゴとアラカブ、アイナメとアブラコ、キジハタとアコウのような話です。標準和名がアカムツということもあり、釣り業界では「アカムツ釣り」というように「のどぐろ」よりも「アカムツ」という名前が一般的に使用されているように思います。

鮮魚の上手な買い方:「のどぐろ」を食べたきゃ「アカムツ」を買おう?場所によってアコウと呼ばれるキジハタ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

知名度は「のどぐろ」が上?

ところが、釣りをしない人たちの間では「アカムツ」よりも「のどぐろ」のほうがダンゼン知名度が高く、ブランド化しているような印象です。そういう方々にしてみれば、「のどぐろ」は高級魚という認識はあるものの、「アカムツ」については「なにそれ?」という方もかなり多いと思います。「のどぐろ」と「アカムツ」が同じ魚とは夢にも思っていないのです。

「のどぐろ」と「アカムツ」の価格

ところで、鮮魚店やスーパーなど流通業界においてはどのような状況になっているでしょうか。あくまでも筆者の経験と印象がベースになりますが、鮮魚店やスーパーでは「アカムツ」というラベルで販売されていることもあれば、「のどぐろ」というラベルで店頭に並んでいることもあります。店舗により表示名はまちまちです。

たとえ表示名が違っても同じ魚であれば売値はだいたい同じであろうと思われる方も多いと思いますが、筆者の印象としては「のどぐろ」のラベルの店は売値設定が高く、「アカムツ」と書いてある場合は売値設定がそれほど高くなくリーズナブルな気がします。極端な場合は2倍から3倍もの価格差があります。おなじくらいの大きさの鮮魚が「アカムツ」表示は980円、「のどぐろ」表示は2500円というケースもあります。もちろんそれぞれ違うお店です。どういうことでしょうか。

鮮魚の上手な買い方:「のどぐろ」を食べたきゃ「アカムツ」を買おう?「アカムツ」のアクアパッツァ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

次のページではアカムツの方が安い理由を邪推

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。