河口のシーバスゲームでヒラスズキ2尾 ライトタックルでキャッチ

河口のシーバスゲームでヒラスズキ2尾 ライトタックルでキャッチ

大分県佐伯市・番匠川河口へヒラスズキを釣りに行った。ライトタックルで45cmを頭に2ヒット2キャッチと効率いい釣りができたので、その模様をリポートする。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

番匠川河口でシーバスゲーム

8月23日、大潮。大分県佐伯市・番匠川河口へヒラスズキを釣りに行った。ヒラスズキと言ってしまったが、実際はセイゴサイズがメインだが時々釣れる状況で、スズキサイズは滅多に釣れない。

現地へ午前5時50分に到着し、6時に釣り開始。当日は満潮が午前7時10分ごろであり、満潮の前後を狙うかたちとなった。

シーバス用の大きなルアーやロッドを持っていないので、メッキを狙うタックルをそのまま使用している。このスタイルをライトシーバスゲームと勝手に名付けている。

河口のシーバスゲームでヒラスズキ2尾 ライトタックルでキャッチタックル図(提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

昨年は、リアのトレブルフックで魚を傷つけてしまうことが多かったので、久々にシングルフックで挑戦することにした。もちろんハリ掛かりが良くなることにも期待している。

ライブイワシカラーにヒット

すぐに釣れるとは思っていないが、ルアーチェンジやいろいろな方向にキャストしてみてもまったくヒットしなかった。30分近く何もヒットしなかったので、さすがに焦ってきた。しかし、ここでは辺りが完全に明るくなったころから釣れだすことが多かったのを思い出し、集中することにした。

河口のシーバスゲームでヒラスズキ2尾 ライトタックルでキャッチポイント図(提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

集中力を切らさないように注意し、丁寧にただ巻きしていく。すると、カラーをライブイワシに変えた直後にガツーンとヒットしてくれた。ヒットと同時にジジジーッと勢いよくラインが出されていく。ロッドもきれいに曲がって気持ちがいい!

45cmヒラフッコ手中

そして、30mほど沖でエラ洗いするのを見てシーバスだと確信。久々のヒットなのでバラさないよう慎重にリールを巻いた。締め込みやエラ洗いでバレはしないかとドキドキしたが、なんとかタモに取り込むことができた。

サイズは45cmのヒラフッコとなかなか良いサイズだ。リアフックは口にしっかり掛かっており、シングルフックで良かったと思った。しかし、フロントフックが目の付近に掛かっており、かなり傷つけてしまったため、持ち帰ることにした。申し訳ない……。

次のページでヒラセイゴを追加!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。