「泳がせ+タイラバ」=『およラバ』で実釣 明らかな釣果アップ実感?

「泳がせ+タイラバ」=『およラバ』で実釣 明らかな釣果アップ実感?

アジ泳がせ五目釣りの仕掛けのオモリを同重量のタイラバに変更してトライした7月と8月2回の釣行をレポートしたい。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

およラバ釣法で初釣行

前回の記事でご紹介したおよラバ釣法を試そうと7月、8月2回の沖釣り釣行で勝手にフィールドテスト。お世話になったのは2回とも新潟県上越地方能生漁港のこうゆう丸だ。

「泳がせ+タイラバ」=『およラバ』で実釣 明らかな釣果アップ実感?タイラバのオモリを使う(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

およラバとはアジ泳がせ釣りの50号のオモリを同重量の200gのタイラバに置き換えたものだ。活アジだけではなく、タイラバによるアピール効果プラスフッキングも含めて釣果アップを狙う。

およラバに初挑戦

釣友と2人で乗船。およラバ仕掛け使用は筆者だけで、釣友はフツーの鉛のオモリを使用。

「泳がせ+タイラバ」=『およラバ』で実釣 明らかな釣果アップ実感?タックル図(作図:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

先に筆者の竿にヒット。釣りあげてみるとタイラバフックにカサゴがかかっていた。活アジは無キズで元気なまま。いきなり思惑どおりの展開。いいじゃん、およラバ。

およラバで好調ヒット!

その後、キジハタ4キャッチとウッカリカサゴ1キャッチ。これらはすべて活アジへのバイトだった。

「泳がせ+タイラバ」=『およラバ』で実釣 明らかな釣果アップ実感?キジハタキャッチ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

一方釣友は前半釣果があがらない。途中で筆者がすすめたおよラバに変更してみたところ、変更後1投目でタイラバフックにカサゴがヒット。

およラバで根掛かりは1回あったが、1回くらいならフツーのオモリ使用時と大差はないだろう。懸念していた他の釣り客とのオマツリはなかった。

結果論になるが、この日の状況は厳しく乗船者全員の船中釣果はいま一つだったようだ。

そんななかにあって、活アジへのヒットだけではなく、タイラバへのヒットもあったことで「およラバ」釣法の効果に自信を深めた。

次のページは2回目の釣行で多魚種続々!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。