1時間半のボートキス釣りで32尾と好釣 22cm頭に良型ばかりで満足

1時間半のボートキス釣りで32尾と好釣 22cm頭に良型ばかりで満足

北九州市若松区・藍島の西側に位置する白州灯台沖でボートからキス釣りを楽しんだ。今回は実績場をメインに攻めて入れ食いを満喫、良型ばかり32尾の釣果を得た。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

白州灯台沖でボートキス

1時間半のボートキス釣りで32尾と好釣 22cm頭に良型ばかりで満足釣り場略図(提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

8月6日、中潮。この日は、北九州市若松区・藍島の西側に位置する白州灯台沖のボートキス釣りだ。

この釣り場の特徴は、海底は砂地で水深は10m前後、潮の流れは緩やか。航路から外れているため、大型船の航行を気にすることなく、ゆっくりのんびりキス釣りを満喫することができるということだ。

しかし、注意すべき点が一つだけある。それは西流れのときに、あまりにもキスの入れ食いに夢中になりすぎて、すぐ北側になる中根(岩・水深1.9m)の海底にある岩礁(沈瀬)に座礁させてしまうことだ。

しかし、あまり心配することもない。というのは、中根が近づいてくると、魚種がキスからベラ、ベラからアラカブへと代わってくるからだ。そのため、ベラが釣れだすとすぐに仕掛けを上げて、元の位置まで戻ることが大切である。

ボートキス仕掛けと釣り方

1時間半のボートキス釣りで32尾と好釣 22cm頭に良型ばかりで満足筆者の仕掛け(提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

仕掛けは別図の通り。キス釣りで大事なのは、必ず専用バリを使用することだ。この仕掛けだとアタリがダイレクトにサオ先に伝わってくるので、楽しみは倍増する。

エサは苅田町の白石海岸で掘ってきた赤虫だ。

釣り方だが、一度アタリがあったとしても、すぐにアワセを入れることなく、その場で2回目の本アタリが来るまで待つことだ。エサのつけ方も大事で、ハリと同じ長さに切り、ハリに対して真っすぐになるように刺すこと。

キスがよく釣れる潮

この場所でのキス釣りで重要なのが潮の流れる方向で、個人的な意見だが東流れ(沖から小倉方面)の潮の方がよく釣れるような気がする。

理由の一つとして、西流れ(灯台から白島方面)の潮に比べて、東流れの方が流れが速いためだ。潮が速く動くと魚の動きも活発となり、キスがたくさん釣れるような気がするのだ。

また、西流れの場合は北側の中根に注意しなければならないが、東流れの場合は根掛かりする所も岩礁もないので、ゆっくりのんびり、潮の流れと同調しながら釣りを楽しむことができるのだ。

実績場でサオ出し

1時間半のボートキス釣りで32尾と好釣 22cm頭に良型ばかりで満足釣り場断面図(提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

いざ実釣。小倉北区の高浜港を午前10時に出港。30分ほどで白州灯台沖のキスポイントに到着した。

この日の東流れ始まりは9時24分。途中、竹ノ子島に設置されている潮流信号所を確認すると、もうすでに”E・2・↑”と表示されていた。”E”は潮流の方向で東流れのこと、”2は”速さが2ktのこと、”↑”はこれからだんだん速くなっていくということだ。

急いでいつものキスが入れ食いする場所に入る。その場所とは、白州灯台と藍島のちょうど中間付近。私の予想では、この日の入れ食いの時合いは10時~正午の間だ。

この場所でキスが釣れるのには理由がある。それは、灯台周辺の水深の平均が7m前後なのに対して、この場所は水深10mと、周辺と比べるとかなり深くなっているのだ。そのため、すり鉢の底のようになっていて、潮に流されてきたエサが集まってきているため、キスが入れ食いとなるのだ。

次のページでキス入れ食いスタート!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。