マグロゲームで56kgメバチ堂々浮上 ラスト流しにエビングでキャッチ

マグロゲームで56kgメバチ堂々浮上 ラスト流しにエビングでキャッチ

キハダにメバチの熱い夏!三重県・志摩市の遊漁船でマグロ狙いに出撃。終了間際にメバチ56kgをキャッチしてきたので、その模様をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・田中こうじ)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

志摩沖でマグロゲーム

7月下旬、三重県志摩市の遊漁船でマグロ狙いに出撃。午前5時すぎに到着すると、すでに駐車場は満タン。すぐに船長が来て道具を積み込み出船。最近はイワシダンゴになることが多いそうで、キャストで好釣果が出ているらしい。

ベイトは小さなカタクチらしく、ジギングは厳しいのでエビングの用意を持ってくるようにと船長。私はミヨシから2番目の釣り座だ。

ジギングタックルはPEライン5号とPEライン4号の2セット。キャストはPEライン6号とカツオ用の3号タックルだ。

マグロゲームで56kgメバチ堂々浮上 ラスト流しにエビングでキャッチエビングタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・田中こうじ)

キャスト&ジグでスタート

ポイントまでは2時間半。ボイルはないが、魚探には映っている。ミヨシからはキャスト、残りはジグで始まった。

朝一は150m以深で大きいのがアタるらしく、シルバー300gを投入。ジグは真下に落ちてワンピッチジャークで様子を見る。風もなく潮も良くないのか、ラインが払い出されない。当然のようにバイトはない。

何度目かの流しで潮下にカツオナブラが出る。こりゃ入れ食いだろうとペンシルを投げ込んだが、ノーバイト。

次はイワシダンゴができて、マグロが跳ねる。PEライン6号タックルでポッパーを投げ込むがヒットせず。魚が浮いているのか、ジギンガーにはアタリがない。

キハダ46kgにメバチ27kgヒット

そのうちに強烈なイワシダンゴでキャストマンにヒット。スルスル上がってくるので、小さいのかと思ったが、姿が見えてからが強かった。アングラーも腰に限界が来たのか、順番に交代しながらファイトして仕留めたのはキハダ46kg。続いてメバチの27kg。ダブル、トリプルでアタるが、私にはヒットせず。

午前中の祭りが終わって静かな時間が過ぎる。水分補給しながら後半戦に期待する。そして時合いは突然訪れた。この日一番のイワシダンゴ。カツオやマグロがガツガツ入ってきて、すくえそうだ。なんとジンベイザメまで。海の中も船の上も祭りだが、ヒットしない。

やがて祭りの後の静寂が…。海面が落ち着いてジグに集中するが、バイトはない。エビングも試すが、かすりもしない。

次のページでメバチ56kgがヒット

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。