岡田万里奈が特殊小型船舶操縦士免許に挑戦 1日コースで合格なるか?

岡田万里奈が特殊小型船舶操縦士免許に挑戦 1日コースで合格なるか?

ボート免許の中でも水上オートバイは他の免許取得と比べると手軽?その検証も行いつつ、女性アングラー岡田万里奈(おかまり)が同免許に挑戦した模様をお届け。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部・佐藤理)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

特殊小型船舶操縦士免許

彼女が目指す『特殊小型船舶操縦士免許』は、水上オートバイ(水上バイク)専用の免許。湖沼、川および陸岸より2海里(約3.7km)まで操船でき、満16歳以上で取得可能だ。

MGマリーンで1日コース受講

8月、千葉県市川市にあるMGマリーンで1日コースを受講(学科は、事前に郵送された教材をもとに各自学習)。ざっと1日の流れを説明すると、午前中に学科のおさらい、身体検査のあと学科試験。午後はロープワークに発航前点検、実技講習を受けて実技試験となる。「なかなか時間が作れない」という人も、1日あればチャレンジできる。

岡田万里奈が特殊小型船舶操縦士免許に挑戦 1日コースで合格なるか?1日あれば運転できる(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

学科試験

学科試験は、小型船舶操縦者の心得および遵守事項、交通の方法、運航の合計40問(400点)。合格基準は試験科目別の50%以上、かつ総合点65%以上の成績であること。出題は4択で試験時間50分。おかまりは、二級小型船舶免許を持っているので、試験の一部が免除され、運航の18問(20分)のみ。12問以上で合格だ。

試験前、声をかけると「ひと通り勉強したけどかなり不安です。大丈夫ですよねぇ?」と、なんとも頼りない返事。試験会場には入れないため、控え室で待つと、あっという間に試験を終えて退室してきた。すると、入室前とは別人のような満面の笑みで「たぶん満点です!」と、手応え十分だった様子。

岡田万里奈が特殊小型船舶操縦士免許に挑戦 1日コースで合格なるか?学科試験前の質疑応答(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

次のページでは午後からのカリキュラムを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。