夜の投げキス釣りで26.5cm頭に12尾 ダブルヒット頻発で快引を堪能

夜の投げキス釣りで26.5cm頭に12尾 ダブルヒット頻発で快引を堪能

北九州市の日明・海峡釣り公園の遊歩道から夜に投げキス釣りをした。当日は涼しい潮風に吹かれながらの半夜釣りとなり、釣友とキス26.5cm交え数釣りを楽しんだので報告する。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

夜の投げキス釣り

夏休み休暇中の釣り仲間と、日明・海峡釣り公園の遊歩道からキス狙った夜釣りに。釣行当日は、幸い雨もなく涼しい潮風だけで最高の半夜釣りとなり、釣友とキス26.5cm交え数釣りを楽しんだ。

8月4日の午後4時に中田さんが迎えにきてくれ、後部シートに高校1年生の息子さんのMくんが「こんにちは」とあいさつしてくれる好青年。小学生のころからブラックバスを釣っていたが、最近は中田さんの影響でアジングやチニング、スズキ、ソフトルアーの根魚釣りが主流で、彼はルアーロッドでロックフィッシュ狙い。

私たちは、公園駐車場そばの護岸から投げ釣りで大型キスを狙う。

遊歩道には平日にもかかわらず釣り人が多くサオ出し中で、特にちょい投げ釣りをする人が増えてきている。

夜の投げキス釣りで26.5cm頭に12尾 ダブルヒット頻発で快引を堪能日明・海峡釣り公園略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

キスの投げ釣り仕掛け

磯ザオやルアーロッド、ジギングロッドやシーバスロッドを使った釣り人が多く、遠投でなく2色(1色=約25m)ラインくらいを攻め、15cmのキスを釣っている人を多く見かけた。

投げ釣り専門の中田さんは、4色ごろまでキャストし、置きザオ釣り。

エサは本虫200gに砂ゴカイ50g、パワーイソメソフト(中)の赤イソメと桜イソメ(夜光)。

夜の投げキス釣りで26.5cm頭に12尾 ダブルヒット頻発で快引を堪能当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧勇哲)

1投目からキスダブルヒット

6時にスタート。つけエサは本虫を5cmに切り、投げ釣りパウダーをまぶしてハリに刺し、桜イソメ(夜光)を5cmに切り、本虫にかぶせるように付ける。フルキャストして置きザオ。ゆったりした潮で仕掛けが流され、魚にアピールできる。潮が流れていないときは、リールを巻きながら仕掛けを動かし、食いを誘う必要がある。

フルキャストした中田さんにアタリがあり、キス20cmが釣れた。

私もすぐに小さな前アタリを感じた。もう一度、サオ先が曲がったので抜き上げると、キス18cmと21cmのダブルヒット。

同行者にもダブルヒット

3色ラインでヒットしたキスだが、4色投げてオモリと仕掛けが流され、ミチイトのフケを取りながらイトの張りでアタリを取るので、仕掛けが岸壁から2~3m付近に寄ってくる。そのポイントにキスが溜まっているようで食ってくれる。

また、エダバリにも砂ゴカイをダブル掛けすることで、キスの食いが良くなりダブルヒットした。

第3投目に中田さんキス15cmと小型だがダブルヒット。私には小ダイとフグのダブルヒットがあったが、第4投目でキス23cmが釣れた。

防潮堤のMくんから電話で、クジメとアラカブ、中層ではアジにコノシロも釣れるとのこと。

28cmマゴチも登場

7時すぎ、私はキス6尾。中田さんは9尾。仕掛けに集魚ライトのルミコ(オレンジ)を付け、先バリに集魚ライトのちもとホタルを付けて夜釣りスタート。

もう1本サオをだして並べる。1本は4色ライン、もう1本は3色ライン。サオ先ライトとしてぎょぎょライトLEDを付けて色分けする。

7時38分、夜釣りをする若者たちがルアーロッドでシーバス狙いやロックフィッシュ、エギングをしている。

そして、4色投げた中田さんに良いアタリでキス25.8cmがヒット。私にもキス24cm。中田さんにまた大アタリで28cmのマゴチが釣れた。

次のページでは下げ潮効きだし良型キス連発

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。