夏〜秋に人気の『メッキゲーム』入門解説 小さくても引き味は抜群

夏〜秋に人気の『メッキゲーム』入門解説 小さくても引き味は抜群

夏から秋に人気のライトゲームターゲットがメッキ。ロウニンアジやギンガメアジ、カスミアジの幼魚のことで、手軽でゲーム性も高いターゲットだ。ここではその攻略法を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

メッキゲーム

メッキとは正式な魚の名前ではなく、ロウニンアジやギンガメアジ、カスミアジの幼魚の総称だ。そう、あの南海ビッグゲームの主役の子どもたちが、初夏には黒潮に乗って熊野灘沿岸に接岸してくるのだ。

体は小さくても、最高のゲーム性を有するDNAは健在。タックルはライトでも、釣り人をトリコにするゲーム性は親に決してヒケを取らず、手軽さも手伝って多くのライトソルトアングラーを魅了している。

メッキゲームのタックル

夏〜秋に人気の『メッキゲーム』入門解説 小さくても引き味は抜群タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ロッド

ロッドは操作性重視。5~7g程度のミノーやトッププラグに、しっかりアクションをつけることができ、なおかつバイトを弾かない繊細なティップを持つものが理想だ。専用ロッドはないので、MLクラスのバスロッドやアジングロッド、少しライトなエギングロッドが適合する。

リール

合わせるリールは、ダイワで2000~2500番。25cm近いサイズになると、そのパワーはなかなかのもので、ドラグを滑らせるヤツもいるほど。したがってドラグ性能のいいものを選びたい。といっても最近の各メーカーのリールは非常に優秀で、廉価版のリールであってもドラグの滑り出しは抜群にいい。決して高級機種でなければいけない、なんてことはない。

ライン

ラインはルアーのレスポンスの早さから、断然PEラインが有利。太さは0.3~0.5号。オープンエリアでの釣りになると遠投が必要な場面も出てくるので、慣れてくれば0.3号をお勧めしたい。

リーダーは擦れに強いフロロカーボンラインの1~1.5号。長さは80cm~1mほど取れば十分だろう。リーダーの先には極小のスナップを接続する。ルアー交換を素早く行うためだ。

メッキゲームのルアー

誰もが気になるルアーだが、ターゲットが30cmまでの魚なので5~6cmほどのプラグが主流になる。中でも重めのシンキングミノー、シンキングペンシルは必須中の必須ルアーといっていいだろう。

夏〜秋に人気の『メッキゲーム』入門解説 小さくても引き味は抜群個体数が多いギンガメアジ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

他に用意するのであれば、5~7g程度のメタルジグ、そして5cm前後のバイブレーション、ポッパーなどがあると、あらゆる状況に対応できるはず。特に遠投の効くメタルジグは、広範囲をサーチするパイロットルアーになる。ぜひ1個か2個はタックルケースに入れておいてほしい。

夏〜秋に人気の『メッキゲーム』入門解説 小さくても引き味は抜群時折ロウニンアジも交じる(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ルアーに装着するフックだが、リリース前提であればバーブレスを強くお勧めしたい。魚を傷めないのはもちろん、ハリを外す作業がスムーズなので必然的に手返しが早くなる。メタルジグならフロントにシングルバーブレスのアシストフック1本で十分だ。

メッキゲームのポイント

中部エリアでお勧めしたい釣行フィールドは、三重県南部。南伊勢周辺以南は、どこでもメッキを狙えるといっても過言ではない。だが、やみくもにサオを出しても、そうそう釣れるものではない。

夏〜秋に人気の『メッキゲーム』入門解説 小さくても引き味は抜群汽水域の河口エリアは見逃せない(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

まず狙いたいポイントとして挙げられるのが、淡水と海水が入り混じる河口域だ。溶存酸素が豊富でプランクトンが集まる河口域は、定番中の定番ポイントといえる。

次にそういった河口域に隣接するサーフ。浅瀬にベイトを追い込んで、ボイルしている光景が見られることも多い。そして同じように漁港内のスロープも見逃せないポイントとなる。

夏〜秋に人気の『メッキゲーム』入門解説 小さくても引き味は抜群シャローフラットなエリアがポイント(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

こういったポイントに共通しているのは、比較的水深の浅いポイントだということ。特に朝夕のマヅメ時は、こういった浅場に入ったベイトを追い回していることが多く、高確率でヒットを得られる。

次のページでおすすめの時間帯&釣り方を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。