地磯「カゴ釣り」で40cm大サバ 『釣りドコ』で海中も陸上も丸見えに?

地磯「カゴ釣り」で40cm大サバ 『釣りドコ』で海中も陸上も丸見えに?

初めての釣り場は不安がたくさん。しかし今回、『釣りドコ』(海岸線の地形はもちろん水深約20mまでの海底形状が立体的に分かる無料オンラインサービス)で事前に予習することで、きっちり釣果を上げることができた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部 大高)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

東伊豆の地磯「大灘」でカゴ釣り

「アポロカゴ」などカゴ釣りアイテムを多数リリースするサニー商事の宮原章さんと、東伊豆で比較的入釣が容易な「大灘」と呼ばれる地磯に釣行した。

地磯「カゴ釣り」で40cm大サバ 『釣りドコ』で海中も陸上も丸見えに?「大灘」全景(提供:TSURINEWS編集部 大高)

釣りドコで情報収集

「普段は三浦半島や西伊豆での釣行が多い」という同氏は「釣りドコ」を使って釣行当日までに釣り場の予習済み。エリア特集ページには海岸線の地形だけでなく、入釣経路などの説明もあるので初めての釣行でも安心だ。

釣りドコで陸上の情報も?

4時半に駐車場に集合し釣り場へ。切り立った崖のような釣り場の多い東伊豆エリアだけに「足場の高さ」は投入や取り込み、さまざまな面で大きく釣りに影響する。

とあるWEBサイトに「カゴ釣りならできる場所もある”と書いてあるサイトもあったのですが、「釣りドコ」を見る限りかなり高さがありそうだったので、足場の低い場所に入ることができればいいのですが……」と釣り場に向かうも、すでに本命場所にはルアーマンが並んでキャストしており断念。

地磯「カゴ釣り」で40cm大サバ 『釣りドコ』で海中も陸上も丸見えに?釣り場俯瞰写真(提供:TSURINEWS編集部 大高)

釣りドコの地形図では、低い場所がオレンジで標高0~10m、高い場所は黄色なので標高25m前後。高低差は低く見積もっても10m以上。海底の地形だけでなく、陸上である足場についても直感的に理解することができる。

地磯「カゴ釣り」で40cm大サバ 『釣りドコ』で海中も陸上も丸見えに?色分けで標高がわかる(提供:釣りドコ)

釣りドコで正確な情報を

実際に釣り場に立ってみると「思った通りこの高さだとタモを使うのは厳しいですね。確かに”カゴ釣りならできる”けど、デカいのが来たら取り込みは厳しいですね」と、サバやイナダなど中小型回遊魚をターゲットに準備を開始。

釣り場の情報サイトは多々あるが、どうしても主観を含んでしまうのでこういった微妙なニュアンスのズレが生まれやすい。一方、「釣りドコ」は”釣り場そのものの姿”である「地形」を映し出す。したがって、今回のように地形の高低差など、自分の釣りに合わせた目星をつけることが可能だ。

釣りドコでタナ狙い撃ち

タックル&仕掛けは、磯竿4号5.7mに中型両軸リール。ミチイトは遠投性の高いPEライン3号。アポロウキ12号にアポロカゴ10号。アポロアームロングを介しハリスは4号2m、マダイバリ10号。

地磯「カゴ釣り」で40cm大サバ 『釣りドコ』で海中も陸上も丸見えに?使用した仕掛け(提供:TSURINEWS編集部 大高)

「釣りドコで見る限り足元から一気に深くなっていて水深20mほど、50mほど投げたところで水深40mというところでしょうか。まずはタナ10mで表層を狙いましょう」

35cm良型サバヒット

ハリスを3mに伸ばし、タナを15mにするとカワハギ?と思われるようなかじるアタリがウキにでたので、タナを20mに変更。中層狙いに変更するとこれが的中。スポッとウキが沈んだがハリ掛かりせず。

地磯「カゴ釣り」で40cm大サバ 『釣りドコ』で海中も陸上も丸見えに?35cmサバをゲット(提供:TSURINEWS編集部 大高)

「いましたね、ハリを変えましょう」と7号にして投入すると再び消し込みヒットし、35cmのサバを抜き上げた。

次のページでブッコミ釣りでアカハタも登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。