激戦区でアカハタ攻略 根魚狙いと相性が良すぎる『釣りドコ』とは?

激戦区でアカハタ攻略 根魚狙いと相性が良すぎる『釣りドコ』とは?

関東屈指の好ポイントでもあり、激戦区でもある真鶴半島でアカハタに挑んだ。海岸線の地形はもちろん水深約20mまでの海底形状が立体的に分かる無料オンラインサービス『釣りドコ』が強力な味方となった。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部 大高)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

真鶴半島アカハタゲーム

関東屈指のアカハタゲーム激戦区。釣り場の特徴としては、ファーストブレイクまで少し距離があるため、深場を狙うためには遠投が必要。そして、その深場を丁寧に探ると釣果に繋がることが多い。

また、激戦区ゆえ平日でも有力な場所にはアングラーが入っていてすでに叩かれていることが多い。そこで、これまでに釣果が出た場所以外にも事前に「釣りドコ」で根の状態をチェックして挑んだ。

激戦区でアカハタ攻略 根魚狙いと相性が良すぎる『釣りドコ』とは?真鶴半島の三ツ石周辺(提供:釣りドコ)

一般的な海底の把握方法

底を中心に狙うアカハタゲームでは、根の位置や形状、深さ、周囲の根との高低差などを把握しておくことが大事。通常であれば、これらを確認するために以下のようなことを行う。

イメージする

実際にキャストをし、底を取ってロッドを通じてそれをイメージする。分かるようになるまでは経験が必要。海中にごみが多かったり、潮が速いと難易度はさらに上がり、安定して高い精度でチェックするのは難しい。また、個人的な感覚に頼る部分が大きい。また、情報には個人差がある。

干潮時に目視する

潮が引いたタイミングで干上がった部分をチェックする。確認できる時間帯が限られ、頻繁に釣り場に通うことができたりする人でない限り、チェックするのは難しい。また、根が露出するような浅い部分までしか把握できず、遠投先を確認するのは難しい。

これらのように、「感覚」や「環境」に頼る部分が大きく、地元の常連や百戦錬磨のアングラー以上の釣果を出すのは困難なのも事実。

「釣りドコ」なら海底丸見え

しかし、「釣りドコ」を使えば事前に釣り場の目星をつけることができるので、名の知れた今回のような激戦区でも、本命ポイントの手前にも手の着いていない一級釣り場を見つけ出すこともある。

今回も見事に作戦が的中し釣果を上げることができた。

激戦区でアカハタ攻略 根魚狙いと相性が良すぎる『釣りドコ』とは?釣りドコで目星をつけて釣りに臨める(提供:釣りドコ)

次のページでいよいよ実釣スタート!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。