人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場

人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場

シケの日でも波穏やかな南房乙浜港でクロダイ狙いのフカセ釣りを楽しんだ。本命はカイズサイズばかりだったが、嬉しいゲストにシマアジがヒットした釣行をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

乙浜港でフカセクロダイ釣り

8日(日)は大雨とシケが予想されたが、午後には台風が通過して雨は上がる予報。その時間帯を狙って南房へ向かった。

途中、断続的に激しい雨と強い風は吹いていたが、現地に到着すると予報通りに止んでいる。外海は大シケなので大規模港の奥でフカセ釣りでクロダイを狙うことに決め、乙浜港周辺に向かった。

人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場乙浜港略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

15時ごろに到着したが、釣り人は誰もいない。ポイントは選び放題なので、のんびり準備する。この日は大潮で、館山地区は17時44分に154cmで満潮の予定。

フカセ釣りのタックルとエサ

港内の様子を見てみると、濁りがあってクロダイ狙いにはよさそうな条件だ。用意したオキアミ3kgに、「チヌパワームギスペシャル」1袋と「オカラダンゴ」1袋を混ぜ合わせてコマセを作成。さしエサには生オキアミと練りエサを準備した。

人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

図のような立ちウキ仕掛けを用意。少し風があるのでウキのトップを抑え気味にする。慎重に水深を測って、タナは海底スレスレの5m付近で始める。エサ取りが少なく、生オキアミでも十分通用しそうだ。クロダイが寄ってくることを信じてのんびり構えてアタリを待つ。

まさかのシマアジ顔出し

海面に漂っているウキを見ていると、スポンと消えたのでアワせる。軽い手応えで上がってきたのは20cmほどのカイズ。型は小さいが開始早々、本命の登場で期待は高まる。クロダイを寄せるため、ウキ周辺にコマセをどんどんまいていく。

コマセが沈んでいくのを眺めていると、ウキがスッと消し込んだので大きくアワせる。魚は掛かったが、上がってきたのは20cmを超えるシマアジ。嬉しいゲストの登場に大切にキープ。

人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場乙浜港の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

シマアジの連続ヒットを期待したが後は続かない。日没まで残り時間が短いのでコマセをどんどんまいていくが本命からのコンタクトはない。

続いて、クンクンと小気味いい引きで上がってきたのは奇麗なカイズ。このサイズが群れている様子で、間隔を開けながら連続ヒットする。途中でシロギスが食ってきて、多彩なアタリを楽しむ。

次のページは再びシマアジゲット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。