人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場

人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場

シケの日でも波穏やかな南房乙浜港でクロダイ狙いのフカセ釣りを楽しんだ。本命はカイズサイズばかりだったが、嬉しいゲストにシマアジがヒットした釣行をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

浅ダナ狙いにかえシマアジ的中

夕刻になるとアタリは遠のき、退屈な時間は続いたが、ふと見るとコマセに反応して浅ダナまで上がってくるシマアジの姿。浅ダナ仕様の円錐ウキ仕掛けに変更してこれを狙ってみる。

コマセをまいてからピンポイントに仕掛けを振り込むとウキがスルスルと消し込んでいく。小さいながらもシマアジは引きが強くて楽しい。コマセが着水した一瞬だけ食いに上がってくるので、タイミングが合わないとヒットしなかった。

人気岸壁でフカセ釣り 本命クロダイほか嬉しいゲストのシマアジ登場周辺の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

コマセが残り少なくなったので、足元を奇麗に洗い流して18時ごろに納竿した。

この港は大規模で、家族連れに人気が高い。停泊している船や作業の邪魔にならなければ、シケたときにも竿が出せる貴重な釣り場だ。今後も長く楽しめるように、ゴミや汚れは残さずにマナーを持って楽しみたい。また、足場がよかったとしても必ずライフジャケットを着用しよう。

<週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
乙浜港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年8月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。