船長に聞く「沖釣り初心者の心得」:東京湾LTアジ 厳選船宿8選も紹介

船長に聞く「沖釣り初心者の心得」:東京湾LTアジ 厳選船宿8選も紹介

アジは本来、春~夏が旬と言われていますが、東京湾では周年狙えるターゲットになっています。ここでは船長に聞いた「LTアジに挑戦する際の初心者の心得」を紹介します。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

東京都のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

東京湾の金アジ

「金アジ」とは、東京湾で釣れる“ブランドアジ”の俗称。栄養豊富な海域で育った個体は尾ビレが黄色く、体高があってコロッとした体型が特長。体長20~25cm前後と小ぶりながら、脂の乗りは抜群で、そのおいしさから釣りに通うファンも多い。

船長に聞く「沖釣り初心者の心得」:東京湾LTアジ 厳選船宿8選も紹介脂の乗った金アジ(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

LTアジの「LT」って何?

LT=ライトタックルの略で、軽量なサオ、リール&仕掛けという意味。今や、東京湾奥では定番の釣り方で、40号ビシ(コマセを入れるカゴで重さは150g)を用います。

一方、湾口にあたる走水沖や久里浜沖は海流がとても速く、軽い仕掛けでは流れに負けてしまうため、130号ビシ(約487g)を使います。LTアジと比較すると約3倍の重さ。いきなりこの重さの仕掛けを一日上げ下げするのは重労働。そこで、オススメしたいのがLTアジというわけです。

船長に聞く「沖釣り初心者の心得」:東京湾LTアジ 厳選船宿8選も紹介軽い仕掛けが特徴(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

今回は、事前に知っておきたいポイントを紹介。数々の初心者を受け入れてきた、神奈川・金沢八景出船の船長に「初心者にありがちなミス」について聞いてみました。

初心者がやりがちなミス

「釣る以前に『ビシをブラブラさせない』ということが大切です。出船前のレクチャーで必ず話しますが、夢中になるあまり多くの初心者がついやってしまうミスです。

ビシは先述の通り、150gほどある金属で、これが船や波の動きによってブラブラしまうと、隣の人にぶつかってケガをさせたり、その先につながる仕掛け(ハリ)が引きずり回されて危険です。

とくに、釣れたときに興奮してリールを巻きすぎてしまう人が多いです。ビシがサオ先まで来てしまい、結果的に魚を取り込めなくなってしまいます。落ち着いてサオとビシを置いてから、魚を取り込みましょう。巻きすぎは竿先を破損する原因にもなります。ビシは必ずコマセオケに入れるようにしてください」。

船長に聞く「沖釣り初心者の心得」:東京湾LTアジ 厳選船宿8選も紹介ビシはコマセオケが定位置(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

次のページで具体的な釣り方のアドバイスを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。