『オフショアジギング』釣果アップ術:アシストフック自作メリット4選

『オフショアジギング』釣果アップ術:アシストフック自作メリット4選

オフショアジギングでの釣果を左右する重要アイテム「アシストフック」を考察。今回は、同アイテムの自作メリットを解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ジギングはイメージが大事

実際の釣りをやり込むと、その魚がどんな癖や性格で、ジグへどんな反応をするかも、アングラーなりにイメージできてきます。このイメージの構築は実釣に大いに役に立ちます。バイトのパターンやアタリ方とともに、ジギングの釣りで大切な部分だと思います。

このイメージから、アシストフックはこんな感じであれば、よりジグの動きをよくして、魚のハリ掛かりがよくなるであろうと、制作してみます。この試作品の実釣での使用で、自分のイメージとアシストフックが合っているのかを試し、細かな調整をしていきます。

最初からイメージ通りの場合もありますし、イマイチの場合もありますが、全ては経験として、アングラーに蓄積されるでしょう。こうして、アシストフックのセッティングの幅が広がることで、釣果により結びつきやすくなるのだと思います。

『オフショアジギング』釣果アップ術:アシストフック自作メリット4選微妙に違う設定で数種類作製(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

作る時間も楽しい

市販の完成品アシストは仕様にもよりますが、結構なお値段です。1日楽しむだけなら、お手軽で安価かもしれませんが、釣行回数が多くなるにつれ、使用するアシストフックの本数も増えていきます。私がアシストフックを自作するようになったのは、売っていないこともありますが、自作することで自分の納得するアシストを使えて、なおかつ経費が掛からないことがキッカケでした。

最近では、各メーカー同じシリーズのアシストフック完成品でも、幾つかの仕様の違ったアシストフックを商品化していますが、小売店には種類を多く置いていないこともあり、未だに使いにくいことも多いです。

一度や2度のアシスト自作では、コストを低く抑えるのはむずかしいですが、長くアシスト自作に取り組むと、長い目で見れば相当、安価にアシストフックを作れようになると思います。

なにより、アシストフックを自作する時間は、ジギングアングラーが次回の釣りに想いを馳せて過ごす楽しいひとときです。ジギングをより楽しむための時間でもあります。最初は失敗も多くあるかもしれませんが、取り組めば取り組んだだけのスキルアップがあります。

気軽に楽しむつもりで始めてみてはいかがでしょうか。

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。