伊藤さとしのプライムフィッシング【ヒゲトロでトロ巻きセット:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【ヒゲトロでトロ巻きセット:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「ヒゲトロでトロ巻きセット」。今回はリニューアルされたヒゲトロの特徴・用法など。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

チャック付きで便利に

いきなりですが『ヒゲトロ』のパッケージがリニューアルしましたね。

伊藤 さとし

「そう、チャック付きになったんだ。以前のバージョンはパッケージにチャックはなく、トロロが小袋で小分けされていたよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【ヒゲトロでトロ巻きセット:第2回】均質で強い繊維が特徴(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

小袋も悪くはなかったですが、チャック付きのほうがより無駄なく使えそうですね。ところで中身も変わったのですか?

伊藤 さとし

「ハリ持ちがよくなったよ。食わせとして使うのに、より安心感が増した感じだね」

 

これは裏話ですが、ずいぶん昔(何世代か前)の『ヒゲトロ』は、持ちが悪くてクレームもあったと聞きましたが、本当ですか?

伊藤 さとし

「本当だよ。現場でもよくユーザーさんからお叱りをもらったね。だから失った信用を取り戻すためにも、以降にリニューアルされた『ヒゲトロ』はエサ持ちをとくに重視して作った。何度も何度もテストを繰り返してね。だから宣伝を担当する我々テスターも、自信を持って勧められるようになったよ」

 

外気に触れないように

今回チャック袋を採用した理由も、エサ持ちをよくするためですか?

伊藤 さとし

「そうなんだ。トロロは空気に触れると酸化して、繊維が徐じょに弱くなってしまう。だからなるべく外気に触れないように、チャックを採用したんだよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【ヒゲトロでトロ巻きセット:第2回】適量を取り出してほぐす(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

前回のバージョンは小袋だったので、必要な量だけを取りだすことが不可能でした。人によっては、小袋でも1回に使う量としては多すぎると感じる人もいたでしょうから。ですが今回(最新版)の『ヒゲトロ』なら、適量をつまみ出してチャックを閉めれば、残ったトロロが空気に触れることがない。まさに理想的なパッケージですね。

伊藤 さとし

「そうなんだけどチャックを閉める前に、中の空気を抜いておくとより長持ちする。ちょっとしたことだけど、実践してみてね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【ヒゲトロでトロ巻きセット:第2回】サッと水に浸せば完成(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

そして今回の『ヒゲトロ』の特徴は、やはりハリ残りのよさでしょうか?

伊藤 さとし

「そうだね。ハリにトロロが残りやすいように、以前よりも素材が硬めになったと開発室からは聞いてるよ。水に浸してしまえば、前回バージョンとの違いは分かりづらいかもしれないけど」

 

直射日光はNG

使用方法は、以前と同じですか?

伊藤 さとし

「何も変わらないよ。適量を取りだしてサッと水に浸したら、余分な水気を切って日陰で保管する。大切なのは少量ずつ使うこと。これさえ守れば、熱や外気でダレることなく使い切れるから」

 

つまり少量ずつという用法が、チャック袋になったことでやりやすくなった。だから最後までダレが少なく使える。そういうことですよね?

伊藤 さとし

「そうだね。それと日陰。きょうは涼しいからと直射日光の下に置いてしまうと、いくらリニューアルされたトロロといっても、ダレが進行してしまうから注意してほしい」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【ヒゲトロでトロ巻きセット:第2回】太陽光に注意(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

ふた付きの容器に入れるとか、何か工夫すればいいわけですね。

伊藤 さとし

「面倒だけど、そのほうがより理想的だね」

 

【ヒゲトロでトロ巻きセット:第1回】を読む。

次回も「ヒゲトロでトロ巻きセット」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
精進湖
取材協力:金風荘 TEL=0555(87)2020
この記事は『週刊へらニュース』2021年8月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。