マダコ&アジ・サバリレー釣り 今年のタコはなかなか厳し?【淡路島】

マダコ&アジ・サバリレー釣り 今年のタコはなかなか厳し?【淡路島】

淡路島の育波発でマダコ釣りに行ってきた。乗りが悪く苦戦したが、後半のサバ釣りも含めればおいしいお土産を確保できたので、当日の釣りをリポートする。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

二杉あゆみ

日帰りで気軽に行ける、姫路〜明石、鳴門エリアをこよなく愛する釣り好きアラフォーです。オフショアがメインですが、最近はオカッパリも少し頑張ってます。決して上手くはなくむしろ他者も認める鈍臭さですが(笑)、ハマるとトコトン研究したくなる性格です。男女問わず、気が合う仲間とワイワイ釣りに行くのが大好きです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

まるかつでタコ釣り

6月の釣行では、たった8匹だがサオ頭だったタコ。梅雨明け前後はもっと釣れるだろうと、7月の半ばの小潮回りで育波・まるかつさんを再度予約した。

マダコ&アジ・サバリレー釣り 今年のタコはなかなか厳し?【淡路島】前回の釣果(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

午前5時半出船。釣り座は船長が決めるので、左舷のトモ。明石からの紳士なおじさまのお隣りだった。後ろにはタックルを沢山持ったカップル。まずはタコ、その後アジサバというリレー釣り。

最近は前回入れ食いだったアジ・サバもかなり日によりムラがあるとのこと。タコも今年は芳しくないため、非常に厳しい釣果の予感もなきにしもあらず。

マダコ&アジ・サバリレー釣り 今年のタコはなかなか厳し?【淡路島】お世話になったまるかつさん(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

まずは深場でタコ狙い

まずはタコから。タコ用のタックルは、サオがたこすフィールド、リールが幻風200pg、ラインはPEライン2号、リーダー50lb、仕掛けは蛸墨族か墨族スッテ、オモリは50号という内容。

先月とかわらず、水深ある深場から始めるが、待てど暮らせど、まずアタリがない。たまーにあったとしてもアワセでスカ。

後ろのカップルの男性は最初から渋い中、ポツポツと釣っている。私は仕掛けに色々付けるのが逆に水の抵抗を感じて嫌なので、シンプルにエギかスッテのみ。だが男性は色々ハデなものやワーム付きカンナなど、あの手この手でなんとか釣り上げている。やはり変化は大事なのだろうか。

沈黙が続く中、前で大型タコが上がった。私もやっと釣り上げたのは、頭コブシ小サイズ。お隣の紳士から「ナイス!」とお褒めの言葉を頂いた。

サバポイントへ大移動

船長は余りにも厳しいタコは早々に見切り、お土産のサバポイントへ大移動。フラッシャーサビキの1番下にサシアミという、ほぼエサ釣り。反応はベタ底らしく、カケアガリ、カケサガリをなめるように、上手く仕掛けを操作しないと釣れない。

私はこれにちょっと苦戦。みんなが次々釣り上げる中、蚊帳の外状態。そのうちコツをつかむとサバの連続ヒット。ただし、オマツリしてしまったりと、サバは中々大変。

マダコ&アジ・サバリレー釣り 今年のタコはなかなか厳し?【淡路島】ヒットしたサバ(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

なんとかお土産はゲットできた。釣果はタコ2匹、サバ4匹、マアジ1匹など。今年は中々厳しいタコ。来年に期待したい。

マダコ&アジ・サバリレー釣り 今年のタコはなかなか厳し?【淡路島】釣果で作ったお刺し身(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

<二杉あゆみ/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
まるかつ
出船場所:育波

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。