シーバスゲームで60cm頭2匹 意外な『イナッコパターン』攻略法とは?

シーバスゲームで60cm頭2匹 意外な『イナッコパターン』攻略法とは?

碧南市を流れる小規模河川へシーバス釣行。イナッコパターンで本命60cmを頭に2匹の釣果を得たので、その模様を紹介する。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー ショア

小規模河川でシーバスゲーム

7月5日に釣行したのは、愛知県碧南市を流れる小規模河川。川幅30m前後で潮の流れは極めて速く、大雨後は濁流が流れるほどのエリアである。地質は泥やカキ殻で、ハゼやエビなどのその他の小型生物も多く混在している。

当日の状況

釣行日:7月5日
潮:若潮の下げ潮
天気:晴れ 風速2mほど

若潮で潮回りは大きくないものの、河川では下潮が緩やかに効いていて、ルアーの水噛みはベストであった。

シーバスゲームのタックル

シーバスゲームで60cm頭2匹 意外な『イナッコパターン』攻略法とは?当日のタックル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

タックルは、7.7ftのスピニングバスロッドに2500番のスピニングリールをセット。川幅30mの対岸をピンポイントに狙っていきたいため、8ft前後のロッドが使いやすいと思う。

使用ラインはPEライン1号にリーダー16lb。根ズレなどの心配も少ないため、ベースとなるくらいのシーバスラインセッティングでOK。

ライズがあるもヒットせず

シーバスゲームで60cm頭2匹 意外な『イナッコパターン』攻略法とは?ライズはあるがヒットしない(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ポイントに到着するとライト下に大量のイナッコが集結しており、それらを捕食しに大型シーバスもライズを繰り返している。

そのライズのあるエリアにルアーをキャストしてトレースするも、ルアーには無反応でイナッコにはライズを繰り返すという歯痒い状況。

イナッコ不在エリアで50cm手中

イナッコの様子を見ていると、河川の中でイナッコがいるエリアとイナッコがいないエリアが、明確に分かれており、潮目のようになっていることを発見した。

そこで、「イナッコのいないエリアならルアーをシーバスに見つけてもらい易くなるのでは?」と思い、そこへキャスト!

ルアーがギリギリ水を噛むスピードでスローにリトリーブし、シーバスに魅せることを意識していると、ヒット!50cmほどの良型をキャッチ!

シーバスゲームで60cm頭2匹 意外な『イナッコパターン』攻略法とは?1匹目の50cm級(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

60cmシーバスを追加!

1匹目をヒントに、その後はイナッコのいないエリアを中心にゲームを展開することに!

何度も何度も少しずつトレースコースを変化させてリトリーブしていると、次は先ほどよりもデカいのシーバスがヒット!

焦らずにゆっくりとファイトして60cmをサイズアップでキャッチできた。

次のページでは釣果のポイントを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。