FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能

FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能

7月26日、東京湾金沢八景の荒川屋から、DJ・井手大介さんが午前LTアジに釣行。ギガアジを交えた数釣りに、アフターフィッシングまで満喫した釣行をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

荒川屋からLTアジ

FMヨコハマで、毎週土曜5~8時にオンエアしている「ザバーン」の実釣ロケに同行取材。同番組は、サーフィンやキャンプにバーベキュー、ハイキングほかアウトドア情報を発信。そのなかの釣り企画「爆釣モーニング」=フィッシング相模屋提供=は、毎月テーマを決めて、初心者にオススメのターゲットや釣り具、釣り方などを紹介するコーナー。

FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

6時半前に到着すると、すでに左舷ミヨシでタックルの準備中。仕事がら、いろんな釣りをする井手さんだが、「アジは美味しいし、手軽だから大好きです」「さらに、きょうはより美味しく食べるため、神経締めにも挑戦します」と気合十分。夏休み中とあって、右舷には親子連れの姿も。

出船前、アジ船担当の池島船長に近況を聞くと「潮が速いのでポイントは限られますが、手返しよく、タナ取りはしっかり……」とアドバイス。定刻の7時20分に桟橋を離れる。

40cm級サバからスタート

ポイントは航程15分ほどの真沖。台風の影響か波は少し高め。流し位置が決まると「タナはハリスの長さ~プラス50cmの間を探ってみて。貸し竿の人は仕掛けが着底したら4、5回巻いてアタリを待ってください」とアナウンス。

開始早々、井手さんの竿に強烈な引き。「なにこれ?アジじゃないよね。マダイ?サバ?」と、慎重に巻き上げる。海面近くなると、左右に走り回ったあと取り込まれたのは、まるまると太った40cm級サバ。

ギガアジ筆頭に本命続々

8時30分、船中ぽつりぽつりとアジが釣れ始まる。それでも、速潮でコマセがあまり効かないのか、群れが船下に着かず散発。ここで、同行の江成千鮎さんにギュンギュンと良型を予感させる明確なアタリ。アジは口が弱いので、バラさないよう一定のペースで巻き上げると、姿を見せたのは40cm超の”ギガアジ”と呼ばれるサイズ。

FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

さらに、右舷側でアタリが続く。お父さんと乗船した実穂さん(小6)と優太さん(大学1年)がそろって30cm級。船釣りのほか、ハゼやテナガエビ釣りに出かけると話す。

FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能30cm級キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

トモ2番で竿を出す一杉さん(中2)は、お父さん顔負けのギガアジを取り込む。船釣りはタチウオやシロギスなど、旬の魚を狙って釣行するという。

FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能こちらもギガアジ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

良型確保にニッコリ

一方、井手さんは低めのタナで20cm前後を拾い釣り。「俺にも大きいのが来ないかなぁ……」と、こまめな入れ替えで次の1尾を狙っていく。その思いが通じたのか、後半サイズアップ成功。

FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能サイズアップ成功(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

隣の辰巳ディレクターは終盤、追い上げをみせて体高のある30cmクラスを3連続ヒット。11時に沖上がりとなった。

FMヨコハマ「ザバーン」に同行実釣取材 東京湾LTアジ釣りを堪能後半連チャン(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

次のページは帰港後に絶品料理を堪能!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。