ミャク釣りで14.5cm頭にハゼ36尾 大きめ針で良型狙い【千葉・行徳港】

ミャク釣りで14.5cm頭にハゼ36尾 大きめ針で良型狙い【千葉・行徳港】

7月24日(土)、ハゼを狙って千葉市川の行徳港に釣行した。潮が上げてくると活性も上がり、一時は良型が連発。計36尾を釣った釣行をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

行徳港でハゼ狙いミャク釣り

快晴で風は弱く絶好の釣り日和ではあるが、気温は35度を超える猛暑日になる予報。大潮で、11時半ごろ干潮、18時半ごろに満潮になる予定。

13時ごろ港に到着。天気がよく夏休み期間のためか、ハゼ釣りを楽しむ人が多数いる。干潮直後で、潮位はまだ低いため、ゆっくり準備する。

ミャク釣りで14.5cm頭にハゼ36尾 大きめ針で良型狙い【千葉・行徳港】釣り場周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

ハリ大きくして良型狙い

0.5号のオモリを使って、青イソメをエサにしたミャク釣りで開始。

潮位は低いので開始直後はアタリが少なく苦戦する。移動しながら反応がある場所を集中的に狙うが、釣れるハゼのサイズが小さい。

これらはリリースしながら、型がいい個体を狙うため、袖バリの6号にチェンジ。途中、小型からのアタリが抜けることはあったが、辛抱しながら釣り続ける。

ミャク釣りで14.5cm頭にハゼ36尾 大きめ針で良型狙い【千葉・行徳港】ポイント周辺(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

良型連続ヒット

潮が上げてくるとハゼの活性は上がってきた様子で、プルプルのアタリが多発する。釣れるサイズは10cmを超える型が交じって楽しめる。一時は良型の連続ヒットになって、順調に数を伸ばしていった。

チンチン(クロダイの幼魚)などが登場して、3時間ほど、ハゼのアタリを楽しんだ。

ミャク釣りで14.5cm頭にハゼ36尾 大きめ針で良型狙い【千葉・行徳港】チンチンも(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

次のページで最終超過を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。