渓流釣りで美麗アマゴ快釣 安定釣果の3つのコツとは?【山梨・桂川】

渓流釣りで美麗アマゴ快釣 安定釣果の3つのコツとは?【山梨・桂川】

7月29日、山梨県都留市を流れる桂川へと渓流釣行。今回の目的は『良型アマゴか良型ヤマメ希望』といつもながらに強欲だが、目的を達成できたのでレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

狙いの尺ヤマメ登場

エサを流すとすぐに強引にエサを食うようなひったくるアタリで良型確定な引きが。これは「間違いなく大物なので絶対に獲る!」と、慎重に慎重に時間を掛けて何度も空気を吸わせまくる。そして時間を掛けて寄せてタモに入れたサカナは、太めの体系をした30cmのヤマメであった。

その後はもうそのポイントには目もくれずにニコニコ顔でサカナを並べて写真撮影だ。

渓流釣りで美麗アマゴ快釣 安定釣果の3つのコツとは?【山梨・桂川】良型ヤマメを手中(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

サカナを全てリリースしてもうすでにいつ帰宅してもOKであるが、時間はまだ8時である。のんびり遡行していくとポイントごとに21~23cmのアマゴが4尾釣れた。そして上流の大場所には釣師が陣取っていたので、追加した4尾のアマゴを下流へ戻りながらリリースして退渓場所へと歩き休憩することにした。

ヒレピンニジマスが連発

車に戻るとまだ10時ではあるが早めの休憩を取り午後に備えることにした。午後から雨予報なので12時まで車で休み、上流へ車を走らせると次に狙う流域には釣師が数名確認できた。そこで前々回に入ったポイントへと移動。車はないのでここで決まり。

私としてはなるべく入ったことのないポイントで楽しみたいので、前々回のポイントよりも下流に入ってみる。すると、よさそうな場所があったので流すと、ヒレピンなニジマスが連発。サイズ的には大きくても30cm前後ではあるが、引きが面白い。

豪雨で中断されつつ追釣

だが楽しい時間も束の間で、いきなり晴れ間の中からのスーパー豪雨発生。瞬く間に空は曇り強烈な雨だ。そんな時にもニジマスが掛かり困惑するが、すぐにリリースして怪我しないスピードで入渓点に戻り避難した。

幸いこの雨で濁りは大したことはなく全然釣りができる状況なので、前々回の滝下ポイントへ行くと綺麗なアマゴが釣れた。だが粘っても状況はあまりよくないので、いつも訪れる最終ポイントへと期待を込めて移動することにした。

渓流釣りで美麗アマゴ快釣 安定釣果の3つのコツとは?【山梨・桂川】美しいアマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

良型アマゴでニコニコ納竿

車に戻ると再び空は小雨になるも酷くなる様子はない。さて先ほどは周辺に釣師が3人見えたがどうだろうか?駐車場所には2台の車があったが、到着するといない。攻められた後なのかどうなのか分からないので、期待を込めて入渓。気持ち増水気味だが急に晴れ間も差してきている。

慎重に大淵の下流に身を潜め、サオを8mに伸ばして振込む。そして大淵の淵尻に到達した瞬間、ギラッと魚体が光る。と、同時にサカナが掛かった。経験上、確実に良型確定なのでフルパワーで対抗する。

前々回は掛けた瞬間からカメラを回しつつやり取りをしたのが原因でバラしてしまった。今回は全力で弱らせるつもりでやり取りすると、20秒程度でサカナは浮いてきた。良型のアマゴが見えたので、そのまま空気を吸わして寄せ、なんなく取り込んだ。サイズはもう少し欲しかったが27cmと十分満足できる魚体である。見るからに美麗かつ男前な個体に癒され、写真を撮ってリリース。

渓流釣りで美麗アマゴ快釣 安定釣果の3つのコツとは?【山梨・桂川】ラストポイントでは27cmアマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

25尾の釣果を得て退渓

これはチャンスかと思い、もう一振りするとすぐさま24cmのヤマメが釣れた。総合釣果はこの時点で25尾釣れもう十分だ。それにそもそも午後イチの雨で徹退を考えていたので、即リリースして退渓。

これからがまさに熱い時間かつ天気も曇りで持ちそうだが、今後の楽しみにしておきたくなり帰宅した。また今季終盤に美麗な良型を求めてチャレンジできればしたいところである。

次のページでは安定釣果を出す秘訣を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。